使い捨てのクレジットカード「楽天バーチャルプリペイドカード」

楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カード会員向けのサービスで、インターネットショッピング専用のプリペイドカードです。バーチャルカードなので、プラスチックのカードは発行されません。

クレジットカードと同様に使える

インターネット上のMaster Card加盟店または楽天カード加盟店であれば、クレジットカードと同様に使えます。国際ブランドのマスターカードとして使えるので、クレジットカードが利用できるほとんどのサイト(海外も含む)で利用可能です(例外あり)。

実際のクレジットカードと同様に16桁のカード番号、有効期限(年月)、カード名義、セキュリティコードが付いていますので、クレジットカードと同様に支払情報を入力できます。また、本人認証サービスの「3Dセキュア」にも対応しています。

使い切り型

使い切り型のプリペイドカードなので、残高が無くなったらそれ以上は使用できません。あらかじめ利用金額だけチャージしておけば、信頼できるかどうか分からないサイトでのクレジットカードでの支払いに便利です。

何枚でも持てる

ひとりに何枚でも発行可能で、それぞれ異なるカード番号が付きます。

匿名で発行可能

カードの名義は本名でなくても構わなくて、ニックネームで発行することもできます。

デメリット

数多くのメリットがある楽天バーチャルプリペイドカードですが、デメリットもあります。

有効期限は購入月の1年後の月末までです。有効期限を過ぎると、たとえ残高があったとしても払い戻しなどはできません。ただし、有効期限内であれば、新たに発行する楽天バーチャルプリペイドカードに残高を移行することができます。

有効期限が1年で使い切り型のうえ、新たに発行するとカード番号が変わってしまうため、継続的に月額利用料金が発生する加盟店では使えません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)