追跡サービスがある郵送方法

お金

本や小物を送るときに定型外郵便物で送ると安く済みますが、届いたかどうかが分からないというデメリットがあります。ネットオークションなどで利用する際にはトラブルの元となりますので、追跡サービスがある郵送方法を選びたところです。そこで、追跡サービスがある郵送方法をご紹介します。

サービス配達方法受領印または署名追跡サービス価格
クリックポスト郵便受けなしあり164円
ゆうパケット郵便受けなしあり250円~350円
レターパックライト郵便受けなしあり360円
レターパックプラス手渡しありあり510円

クリックポスト(日本郵便)

クリックポストは日本郵便が行っているサービスで、料金は日本全国一律185円と格安です。大きさは34cm×25cm×3cmまで、重さは1kgまで送ることができます。

郵便局の窓口に差し出すほか、郵便ポストに投函することもできます。

ユーザ登録や専用の宛名ラベルを印刷する関係上、パソコンが必要となります。なお、料金の支払いはネット上で完結するので、切手を貼ったり、郵便局の窓口で支払う必要はありません。

ゆうパケット(日本郵便)

ゆうパケットは日本郵便が行っているサービスで、大きさは3辺の合計が60cm以内(長辺34cm以内)まで、重さは1kgまで送ることができます。

料金は厚さによって異なります。

厚さ料金
1cm250円
2cm300円
3cm350円

レターパック(日本郵便)

レターパックは日本郵便が行っているサービスで、受け取り人から受領印を貰う「レターパックプラス」と郵便受けへ届ける「レターパックライト」の2種類があり、それぞれ料金が異なります。

種類料金
レターパックライト360円
レターパックプラス510円

なお、レターパックには先頭の封筒があり、郵便局の窓口で販売されています。この封筒が360円及び510円で売られています。はがきの様に、これには送料も含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント