分岐型演劇「JUNCTION」第1弾「スパイスアップ・ナイトパレード」

JUNCTIONは、観たいシーンを選択し、移動しながらストーリーを体験する分岐型演劇です。その第1弾である「スパイスアップ・ナイトパレード」を観てきました。

公演日時:2017年4月29日〜2017年5月7日
場所:渋谷 ドクタージーカンズ(東京都渋谷区円山町2-4)

「ナイトパレード」と呼ばれるパーティには、ある噂がまことしやかに囁かれている。“そのパーティーに参加すると、生と死の間に存在する者になれる”という。ある日、パーティに参加すると言ったきり、行方不明になった少女がいた。少女失踪の謎を解くため、刑事・私立探偵・娘の家族それぞれが、パーティーに潜入すると…そこには、参加者全員が仮面で顔を隠して戯れる光景が目の前に広がっていた。パーティがクライマックスを迎える時、観客の目の前に血を流し倒れている少女が現れる。首にはまるで何者かに噛まれたような痕が。その少女の正体は?なぜ血を流して倒れていたのか?犯人は一体、誰なのか?それぞれ別のアプローチで事件を追いかける刑事、私立探偵、登場人物たち。誰の推理を見るかによって、事件の様相が異なって見える分岐型の幕が上がる。

会場のドクタージーカンズに入ると、入り口で仮面が手渡されます。「スパイスアップ・ナイトパレード」では、観客もパーティの一員として仮面を被って入場することになります。

この演劇の最大の特徴は「分岐型演劇」で、場内の複数の場所で演じられている芝居を観客が選んで移動できるところです。芝居中の所々でスクリーンに「JUNCTION UP or STAY」と表示され、観客がその場に留まったり、上階に移動します。

冒頭に役者たちの紹介を兼ねたダンスシーンがありますが、その直後にすぐ分岐(JUCTION)が始まります。観客たちは何の情報も無しに選択を迫られることになります。

役者と観客が混在する中で物語は進み、役者たちが観客のすぐ目の前で演技をします。一部、観客を巻き込んだ芝居も繰り広げられることもあります。

結末は分岐ではなく、ひとつだけなのですが、選んだ分岐によってその背景をよく理解できるようになっています。分岐の選び方によっては結末に消化不良になるかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)