無料(0円)でスマホが持てる!高速モバイル通信サービス「0sim」

情報通信技術

あまりスマホを使っていない割に通信料が高くて悩んでいませんか?

nuroモバイルの高速モバイル通信サービス「0sim」なら無料でスマホが持てます。

0simとは

MVNO(仮想移動体通信業者)のnuro mobileが提供している高速モバイル通信サービス「0sim」は、毎月500MB未満まで無料で使えます。

あまりデータ通信を使わない方であればデータ通信料金が無料で済むので、大変お得です。

500MB以降は100MB毎に100円かかります。2GB以上になると、5GBまでは1,600円定額となるので、通信料金は青天井とならず、使いすぎの心配もありません。ただし、5GBに達すると高速通信はできなくなり、低速通信のみとなります。

また、データ通信だけでなくSMS(ショートメッセージサービス)や音声通話も使えます。

「データ通信+SMS」ならば150円から、「データ通信+SMS+音声通話」なら700円からとなります。

留守番電話、キャッチホン、転送電話などのオプションサービスも充実しています。

「データ通信プラン」や「データ通信+SMS」プランであれば解約手数料もなく、気軽に試してみることができます。ただし、「データ通信+SMS+音声通話プランにだけは最低利用期間解約違約金があります。

0 SIMのAPN

0 SIMのAPNは「so-net.jp」です。

MVNO

MVNO(仮想移動体通信業者)とは、自前で回線設備などを持たない通信業者です。回線設備はキャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)から借りているため、低価格でサービスを提供することができます。

MVNOを使うには、SIMフリーのスマホまたはSIMロックを解除したスマホが必要になります。

元々、スマートフォンはどの通信業者でも使えるようになっており、これをSIMフリーと呼びます。

ただし、日本ではキャリアが通信サービスとスマートフォン端末を抱き合わせ販売する商習慣が一般的で、こういったスマホはその通信業者しか使えないよう仕掛けが施されています。この仕掛けを「SIMロック」と呼びます。たとえば、NTTドコモが販売しているスマホはNTTドコモでしか使えないように仕掛けが施されています。この仕掛けは簡単に解除でき、仕掛けを解除することを「SIMロック解除」と呼びます。

実際に使ってみた感想

0simはデータ通信が基本的に無料なので、速度が気になるところです。

速度は場所や時間帯、利用者の数によって異なるので一概に言えませんが、0simを実際に使ってみた感想は、思っていたよりも使えるということです。

LINE

LINEは問題なく使えます。ただし、LINE LIVEは厳しいです。

Twitter

Twitterは文字の表示なら問題ありません。5chなどテキストベースのソーシャルメディアも同様です。

ただし、画像の表示は遅くなりますので、Instagramのような画像ベースのソーシャルメディアは厳しいです。

Google Map

Google Mapは問題なく使えます。

スマホを使うメリットのひとつにGoogle Mapで現在地や目的地を知ることがありますので、この点は良かったです。

YouTube

YouTubeの視聴は、ほぼ無理です。

MVNO自体が動画の視聴に向いてないので、これは仕方ありません。

詳しくはnuromobileの公式サイトをご覧ください。

≫ nuro mobile ソニーネットワークコミュニケーションズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
情報通信技術
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント