無料Google検索順位チェックツールSERPOSCOPEの使い方と設定方法

グラフ 情報通信技術

自分のブログのGoogle検索順位をチェックしたいけれど、どんなツールが良いのかわからない。できれば無料のツールを使いたい。

そんな方に無料でGoogle検索順位をチェックできるツール「SERPOSCOPE」の使い方と設定方法をご紹介します。

この記事を読めば、あなたのブログの順位変動を毎日かんたんにチェックできるようになります。

SERPOSCOPEとは

SERPOSCOPEとは、WebサイトのGoogle検索順位をチェックすることで、SEO効果を改善できるツールで、だれでも無料で使えます。

SERPOSCOPEはWindowsのみならず、MacやUbuntuでも使えます。

SERPOSCOPEのインストール

Java 8のインストールとチェック

SERPOSCOPEを使うにあたり、Java 8が必要になります。

もしPCにJava 8がインストールされていなければ、事前にインストールしておきます。

無料Javaソフトウェアをダウンロード

なお、WindowsのSERPOSCOPEは32ビット版と64ビット版に分かれているので、Javaが32ビットであれば32ビット版、Javaが64ビット版であれば64ビット版の方をダウンロードします。

現在PCにインストールされているJavaが32ビットか64ビットか確認するには、コマンドプロンプトまたはWindows PowerShellから次のコマンドを実行します。

java -version

インストールされているJavaが64ビットであれば、次のように表示されます。

java version "1.8.0_191"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_191-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.191-b12, mixed mode)

インストールされているJavaが32ビットであれば、次のように表示されます。

java version "1.8.0_191"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_191-b12)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 25.191-b12, mixed mode)

※バージョン数などはインストールしているJavaのバージョンにより異なります。

SERPOSCOPEのインストール

SERPOSCOPEのインストールは次の手順で行います。

  1. WebブラウザでSERPOSCOPEの公式サイトを開きます。
  2. DOWNLOADボタンをクリックします。
  3. WindowsやMacなど、それぞれのダウンロードボタンがありますので、必要なものをクリックします。
  4. ダウンロードが始まります。

WindowsのSERPOSCOPEインストーラは実行ファイル(*.exe)になっているので、実行ファイルをダブルクリックすれば、インストールが始まります。

SERPOSCOPEの設定

SERPOSCOPEをインストールしたら、デスクトップにserposcopeのショートカットが作成されるので、それをダブルクリックします。

serposcopeのショートカットをダブルクリックするとWebブラウザが起動されて、SERPOSCOPEのページが表示されます。

一般設定

SERPOSCOPEの「ADMIN」メニューをクリックすると、管理画面が表示されます。

SERPOSCOPEの管理メニューから「GENERAL」をクリックすると、一般設定画面が表示されます。

SERPOSCOPEの一般設定
項目説明
Cron time自動的に実行する場合は時間を指定する
History limit何日分の結果を保存するか

設定を変更したら、「Save」ボタンをクリックして保存します。

Google設定

SERPOSCOPEの管理画面から「GOOGLE」をクリックすると、Google設定画面が表示されます。

SERPOSCOPEのGoogle設定
項目説明
Number of pages何ページ分の検索結果を取得するか
Results per page1ページに何件の検索結果を取得するか
PauseGoogle検索を実行する最小時間と最大時間
Countryどこの国のGoogleを使用するか
JP – Japanを選択します。
DevicePCとスマホどちらの検索結果を取得するか
GoogleはモバイルファーストなのでMobileを選択します。

設定を変更したら、「Save」ボタンをクリックして保存します。

SERPOSCOPE Ver. 2.10.0の場合、Deviceの設定は保存できないようです。

SERPOSCOPEの使い方

SERPOSCOPEを使うには、グループを作成する必要があります。

グループの追加

SERPOSCOPEの「GROUPS」メニューをクリックすると、グループ画面が表示されます。

グループ管理画面で「New Group」ボタンをクリックすると、ダイアログが表示されます。グループ名を入力して「Save」ボタンをクリックして保存します。

サイトの追加

「Add website」ボタンをクリックすると、ダイアログが表示されます。

項目説明
Nameサイト名
PatternExact DomainサイトのURL
Domain + subdomainsサブドメインを除いたサイトのURL
RegExURLの正規表現

「www.example.com」のように完全ドメインを指定してサイトを追加したい場合は、「Exact Domain」を選択します。

「example.com」のようにルートドメインだけを指定してサイトを追加したい場合は、「Domain + subdomains」を選択します。

「^https?://example.com/page.html」のように正規表現を指定してサイトを追加したい場合は、「RegEx」を選択します。

「^https?://example.com/page.html」と指定すると、「http://example.com/page.html」と「https://example.com/page.html」の両方を検索します。

検索キーワードの追加

グループ管理画面で「Add search」ボタンをクリックすると、ダイアログが表示されます。

項目説明
Keyword検索キーワード

Google設定と同じ項目もありますが、検索キーワードごとに個別の設定をしたいのでなければ設定する必要はありません。

順位チェックの実行

SERPOSCOPEの「CHECK RANKS」メニューをクリックすると、ダイアログが表示されます。

「Check all keywords」ボタンをクリックすると、検索順位チェックが始まります。

検索順位チェックに失敗したものだけを再度チェックするには、「Recheck failed/new keywords」ボタンをクリックします。

順位チェックの結果確認

SERPOSCOPEでは順位チェックの結果を表形式やグラフ形式で確認することができます。

検索順位チェックが失敗(failed)したら

SERPOSCOPEで検索順位チェックを実行すると、チェックが失敗(failed)することがあります。

Googleではロボットによる大量検索を制限するために、短い間隔で何回も検索したり、きっちり一定時間ごとに検索を繰り返すと、キャプチャ(ロボットではないことを示すために文字入力など促す)を要求してきます。

キャプチャを要求されると、SERPOSCOPEの検索順位チェックは失敗します。

このときには、Google設定のPauseの値を大きくしてみてください。

SERPOSCOPEではPauseのMin(最小時間)からMax(最大時間)の間でランダムに検索順位チェックを実行します。

最小時間を増やしたうえで、最小時間と最大時間の間に幅を持たせることで、ランダムな間隔で検索を実行することになり、キャプチャを要求されなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
情報通信技術
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント