ローソンスマホペイはお昼時の混雑時にレジに並ばなくても決済できる

ローソンスマホペイキャッシュレス決済

ローソンスマホペイは、コンビニのローソンで店内ならどこでも商品の代金を支払えるセルフ決済サービスです。

ローソンスマホペイとは

「ローソンスマホペイ」とは、全にスマートフォンにローソン公式アプリをダウンロードして、商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、ローソン店内のどこでも決済できるサービスです。

お昼どきなどの混雑時にレジ待ちすることなく商品の代金を支払えます。

「ペイ」という名前が付いていますが、最近規格が乱立している独自のQRコード決済ではなく、セルフレジのスマホアプリといった存在です。どちらかというと、Amzonの無人コンビニ「Amazon Go」のようなものをスマホアプリで実現するようなサービスです。

ローソンスマホペイの使い方

  1. ローソンアプリで利用店舗を選びます。ビーコンによる自動検出と店舗QRコード読み取りの2つの方法があります。
  2. ローソンアプリで購入商品のバーコードをスキャンします。
  3. ローソンアプリで決済します。
  4. 表示されたQRコードを店舗設置の専用リーダーにかざします。

ローソンスマホペイの決済方法

ローソンアプリは次の決済方法に対応しています。

ローソンスマホペイの導入店舗

ローソンスマホペイに対応したローソンは、首都圏を中心に58店舗で展開しています。3月中には導入店舗が101店舗に拡大します。

ローソンスマホペイに対応した店舗は、ローソン公式アプリから検索できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント