消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度

ネットショッピング キャッシュレス決済

2019年10月から消費税が10%に増税されるのに伴い、消費者がキャッシュレス決済を使うとポイント還元が受けられる制度が始まります。この記事では、キャッシュレス・消費者還元事業のお得な利用方法をご紹介します。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、消費者需要が減退するのを防ぐために導入される制度です。

2019年10月~2020年6月の間、中小・小規模事業者においてキャッシュレス決済を使うと、ポイントで還元されます。

ポイント還元率

ポイント還元率は、登録事業者によって異なります。

ポイント還元率
種類還元率
中小・小規模事業者5%
フランチャイズチェーン加盟店2%

対応キャッシュレス決済

ポイント還元事業の対象となるキャッシュレス決済は、経済産業省に登録された事業者のみとなります。おもな対象決済事業者は、次のとおりです。

クレジットカード

次のクレジットカードがキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の対象となります。

  • 三井住友カード
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • ジャックス
  • リクルート
  • ビューカード
  • ワイジェイカード(Yahoo! JAPANカード
  • ユーシーカード
  • イオンクレジットサービス
  • 楽天カード
  • 三菱UFJニコス
  • 三井住友トラストカード
  • エムアイカード
  • エポスカード
  • セブンカード・サービス
  • 東急カード
  • クレディセゾン(セゾンカード)

デビットカード

次のデビットカードがキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の対象となります。

電子マネー

次の電子マネーがキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の対象となります。

  • 東日本旅客鉄道(Suica)
  • 楽天Edy
  • パスモ(PASMO)

PASMO

キャッシュレス・消費者還元事業のポイントをPASMOで受け取るには、面倒な手続きが必要になります。

まず、PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービスのサイトで会員登録します。

還元ポイントは3か月ごとに集計されます。ポイント還元月になったら、ポイント還元受け取り場所として指定された駅に赴いて、ポイントを10円単位でPASMOにチャージします。

PASMOのポイント還元
集計期間ポイント還元月
2019年10月~2019年12月2020年1月
2020年1月~2020年3月2020年4月
2020年4月~2020年6月2020年7月

キャッシュレス・消費者還元事業のポイントを受け取るために、専用サイトで会員登録しなければなりません。ポイントは3か月ごとにしか還元されず、わざわざ駅に行ってチャージする必要があります。

スマホ決済

次のスマホ決済がキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の対象となります。

一部のクレジットカードでは値引きで対応

次のクレジットカードではポイントによる還元ではなく、金額請求時にポイント還元分の金額を差し引く、実質上の値引きで対応します。

  • JCB
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス
  • ユーシーカード

一部のコンビニでは値引きで対応

次のコンビニでは、キャッシュレス決済のポイント還元対象の2%分を、支払いのときに値引きします。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

消費税増税に伴う消費者還元策は、ポイント還元制度以外にも次のものがあります。

関連記事 プレミアム付き商品券とは – 還元率25%のお得な商品券

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント