SAMURAI(サムライ)- 証券会社が運営するクラウドファンディング

サムライ クラウドファンディングクラウドファンディング

サムライとは、証券会社(第一種金融取引業者)であるSAMURAI証券が運用する投資型クラウドファンディングです。この記事では、サムライの特徴についてご紹介します。

クラウドファンディング「サムライ」

クラウドファンディングを運用している多くの会社は第二種金融商品取引業ですが、クラウドファンディング「サムライ」を運営するSAMURAI証券株式会社は第一種金融取引業者です。

第二種金融商品取引業とは、証券会社以外の金融商品取引業です。第一種金融取引業者とは、SAMURAI証券株式会社という社名に「証券会社」と入っているように、いわゆる証券会社のことです。

第一種金融商品取引業と第二種金融商品取引業は共に金融庁へ登録が必要ですが、それぞれ規制基準が異なります。第一種金融商品取引業は、第二種金融商品取引業と比べて厳しい規制が設けられています。

具体的には、最低資本金や自己資本規制比率が高く、より資本の充実が求められています。安定した経営を通じて、顧客資産の安全が図られています。

第一種金融商品取引業と第二種金融商品取引業の違い
項目第一種金融商品取引業第二種金融商品取引業
最低資本金5,000万円1,000万円
自己資本規制比率ありなし

クラウドファンディングは銀行預金のように元本が保証されていないため、運営会社の経営体力が重要な判断基準となります。その点において、第一種金融商品取引業として登録されている証券会社のクラウドファンディングは安心感があります。

クラウドファンディングの金融商品取引業区分
金融商品取引業区分クラウドファンディング
第一種金融商品取引業SAMURAI証券(サムライ)
日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク
第二種金融商品取引業株式会社COOL
株式会社LENDEX
株式会社クラウドポート(Funds
株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(CREAL)
SBIソーシャルレンディング株式会社
クラウドクレジット株式会社
ソーシャルバンクZAIZEN株式会社(Pocket Funding
ロードスターキャピタル株式会社(OwnersBook)

クラウドファンディング「サムライ」を運営しているSAMURAI証券は、ジャスダック市場に株式公開している上場企業SAMURAI&J PARTNERS株式会社(証券コード4764)の100%子会社です。

サムライのファンド

SAMURAI証券で取り扱っている商品は「匿名組合型」と「社債型」の2種類に分類されます。ただし、社債型は2016年の募集を最後に新商品が出ていないので、ここでは匿名組合型のファンドのみをご紹介します。

匿名組合とは、出資者(匿名組合員)が営業者の事業のために出資して、営業者がその事業から生じる利益を出資者に分配することを約束する契約形態です。

SAMURAI証券は過去に次のファンドを募集しました。

SAMURAI証券の匿名組合型ファンド
ファンド目標利回り運用期間
SAF-Jトラストグループ ビジネスローンファンド3号4.9%12.0か月
SAF不動産ローンファンド16号8.0%17.7か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド6号9.0%11.4か月
SAF不動産ローンファンド15号6.5%23.5か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド5号8.0%17.4か月
SAF不動産ローンファンド14号5.0%17.4か月
SAF日本保証不動産ローンファンド2号4.0%22.9か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド4号8.0%17.8か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド3号8.0%17.4か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド2号8.0%17.5か月
SAF日本保証不動産ローンファンド1号5.0%11.5か月
SAF不動産担保メザニンローンファンド1号8.0%18.0か月
SAFビジネスローンファンド6号6.0%6.0か月
SAF太陽光発電ローンファンド3号8.0%12.0か月
SAF太陽光発電ローンファンド2号8.0%12.0か月
SAF不動産ローンファンド13号(貸付先R社、K社)5.5%12.0か月
SAF太陽光発電ローンファンド1号8.0%12.0か月
SAFビジネスローンファンド5号(貸付先A社、K社)7.0%12.0か月
大阪デザイナーズ民泊ファンド7号7.0%18.5か月
SAFビジネスローンファンド4号(貸付先A社、K社)7.0%12.0か月
SAF不動産ローンファンド12号(貸付先R社、K社)6.5%9.7か月

※目標利回りは税引前

サムライの特徴は、ほかのクラウドファンディングと比べて次の特徴があります。

目標利回りが高い
運用期間が長い

多くのクラウドファンディングでは、目標(想定)利回りが5%以下で期間が1年以下という案件がほとんどです。サムライでは6%以上、1年以上の案件が多くあります。

手数料

クラウドファンディング「サムライ」の口座開設・維持、取引に手数料はかかりません。

サムライの手数料
項目手数料
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料

入金手数料

投資金額を入金するために金融機関へ振り込みする手数料は、投資家の負担となります。

出金手数料

分配金や元本の償還による出金手数料は無料です。

キャンペーン

クラウドファンディング「サムライ」では、次のキャンペーンを実施しています。

  • 新規口座開設キャンペーン

新規口座開設キャンペーン

2019年9月5日~2019年10月31日のキャンペーン期間中に、クラウドファンディング「サムライ」の新規会員登録を完了すると、Amazonギフト券500円分がもれなくプレゼントされます。

新規に口座開設するだけなので、実際には投資しなくてもAmazonギフト券をもらえます。

クラウドファンディング「サムライ」について詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

公式 SAMURAI証券


SAMURAI証券

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クラウドファンディング
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント