AI株価見守りサービス 人工知能による投資支援をSMBC日興証券が開始

証券

「AI株価見守りサービス」とは、人工知能による投資支援サービスです。この記事では、SMBC日興証券が提供する本サービスの仕組みをご紹介します。

ロスカット&プロフィットホールド戦略

AI株価見守りサービスは、ロスカット&プロフィットホールド戦略を採用しています。

ロスカット&プロフィットホールド戦略では、次の3つの行動をとります。

  • 投資対象の選定
  • 損失の抑制
  • 含み益の拡大

投資対象の選定

上昇トレンド(基調)にあると思われる銘柄を、AI株価見守りサービスが選定します。

利用者は投資を実行します。

損失の抑制

投資した銘柄が下落した場合、AI株価見守りサービスが損切りすべき銘柄を行って、損失の拡大を防止します。

含み益の拡大

AI株価見守りサービスは株価が上昇トレンドを続けている限り、含み益がある銘柄の保有を継続します。

下降トレンドに転換した後に、AI株価見守りサービスが自動的に売却して、利益を確定します。

AI株価見守りサービスの使い方

AI株価見守りサービスの使い方は、銘柄と見守りポイントを選ぶだけです。

AI株価見守りサービスで株価を見守る銘柄を選んで、見守りポイントを選択するだけで、設定がかん

AI株価見守りサービスを利用できるのはダイレクトコースのみ

SMBC日興証券には、2つの取引コースがあります。

  • 総合コース
  • ダイレクトコース

口座開設をするときに、どちらか一方のコースを選びます。両方のコースを選ぶことはできません。

総合コースでは、支店担当者からアドバイスや投資情報を受けながら取引できます。一部の個人向け社債など、オンライントレードでは取り扱っていない商品も取引できます。株式取引手数料が高いというデメリットがあります。

ダイレクトコースは、パソコンやスマホを使ってオンライントレードで取引できます。株式取引手数料が安いというメリットがあります。

AI株価見守りサービスはダイレクトコース専用のサービスです。総合コースでは利用できません。

YouTubeのSMBC日興証券公式チャンネルで、AI株価見守りサービスの紹介動画を見ることができます。

投資タイミングをサポート「AI株価見守りサービス」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント