Pay-easy(ペイジー)とは

キャッシュレス決済

Pay-easy(ペイジー)とは、公共料金や税金などの支払いを銀行やコンビニに行くことなく、パソコンやスマホ、ATMで支払うことができるサービスです。この記事では、ペイジーの使い方をご紹介します。

Pay-easyとは

Pay-easy(ペイジー)とは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が提供している決済サービスです。税金や公共料金、ネットショッピング代金などの支払いをネットやATMから行えます。

日本マルチペイメントネットワーク推進協議会のYouTube公式チャンネルでペイジーの紹介動画を見ることができます。

【公式】いつでもどこでもカンタンに支払える“ペイジー”のご紹介

Pay-easyが使える

ペイジーは次のサービスの支払いに利用できます。

税金や公共料金

税金や公共料金の払込票に「Pay-easy」と記載されていれば、ペイジーで支払うことができます。

ネットショッピング

Pay-easy(ペイジー)は次のネットショップでのお支払いに使えます。

ネットオークション・フリマ

次のネットオークションやフリマの支払いにペイジーが使えます。

  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ラクマ

チケット

チケットぴあやイープラスで購入したチケット代の支払いにペイジーが使えます。

Pay-easyで支払う

次の場所でペイジーによる支払いが行えます。

銀行ATM

Pay-easy(ペイジー)は、ほぼすべての銀行ATMで利用できます。

たとえば、次の銀行のATMで利用できます。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 千葉銀行
  • ゆうちょ銀行

次の銀行ATMでは、ペイジーを利用できません。

  • 新生銀行

パソコンやスマホ

パソコンやスマホからPay-easyの支払いができます。

みずほ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行などのネットバンキングからペイジーの支払いが行えます。

ネット銀行は自前のATMを持っていないため、ATMからは利用できませんが、パソコンやスマホから利用できます。

楽天銀行のPay-easy(ペイジー)

ただし、次の銀行のネットバンキングではペイジーを使えません。

料金

国や地方自治体へ税金などを納める場合、基本的に手数料はかかりません。

民間企業へ支払うときは、手数料がかかることがあります。この場合、手数料は支払先の企業が個別に手数料を定めています。

そのため、チケット代を支払うときに、ジャニーズとPerfumeのチケットで手数料が違う、といったこともありえます。

キャンペーン

Pay-easy(ペイジー)では次のキャンペーンを実施しています。

  • 1万円が300名様に当たる!キャンペーン

1万円が300名様に当たる!キャンペーン

2019年11月16日~2020年1月31日のキャンペーン期間中に、ペイジーで500円以上の支払いをすると、1万円が抽選で300名に当たります。

ペイジーの利用回数に応じて何回でも応募できるので、使えば使うほど当選確率がアップします。

キャンペーンに参加するには、公式キャンペーンから応募する必要があります。次の公式サイトからキャンペーンへ応募できます。

公式 Pay-easy 1万円が300名に当たる!キャンペーン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント