海外不動産投資セミナーはオープンハウス【東証1部上場】がおすすめ

不動産不動産

海外不動産投資に興味があるけれど、難しそうでわからないというあなたへ。さまざまな疑問点を解決するには、東証1部上場企業のオープンハウスが開催している海外不動産投資セミナーに参加することをおすすめします。

海外不動産投資という選択肢

不動産投資に興味がある方の中には、海外不動産に目を向ける方も多いでしょう。

日本は少子高齢化で人口減少が進んでいます。内閣府の資料「将来推計人口でみる50年後の日本」によると、現在日本の人口は12億人いますが、2060年には8億6千万人まで減少すると予測されています。

確実に人口が減っていく国において、不動産価格が長期的に上昇することはありえません。

アジアの不動産投資はおすすめしない

香港

マレーシアやベトナムなどアジア諸国の不動産投資が一時期ブームになったことがありますが、これらはおすすめできません。一般的に新興国は法整備が整っていないことが多く、リスクが高すぎるからです。

外資規制もやっかいです。たとえば、タイでは外国人は一戸建て不動産を所有できず、コンドミニアム(日本でいうところのマンション)の区分所有権のうち、外国人は合計で50%未満までしか所有できないといった規制があります。

現地の不動産投資家がこういった規制を逆手に取って外国人相手に利ザヤを稼ぐので、外国人はどうしても不利になってしまいます。そもそも公平な競争ができないのです。

海外不動産投資の初心者はアメリカがおすすめ

ニューヨーク

その点、アメリカは法整備が整っています。米国は州によって法律が異なりますが、不動産投資において外国人が不利になることはほとんどありません。

そのため、海外不動産投資の初心者には米国不動産をおすすめします。米国不動産を経験してからでも、アジア不動産投資は遅くありません。

日本も外国人に対する不動産規制がほとんどないので、中国人に買い漁られてます。

2028年にロサンゼルスでオリンピックが開催

2020年東京オリンピック

2028年の夏季オリンピックは、アメリカ西海岸の都市ロサンゼルスで開催されます。

オリンピック開催都市の不動産価格が上昇することは、よく知られています。その一方で、オリンピック開催終了後は不動産価格が下落するイメージがあります。

みずほ総研のリポートによると、開催地決定から五輪開催までの期間に値上がりすることはもちろん、五輪開催後も不動産価格が下がるケースはありません。

オリンピックと不動産価格上昇

出典:不動産市場は転換点にあるのか?(2018)みずほ総合研究所

国際オリンピック委員会総会でロサンゼルスが五輪開催地に決定したのは2017年9月なので、まだ初期段階と考えられます。

オープンハウスの海外不動産投資セミナー

海外不動産投資を始めるにあたって、まず無料セミナーに参加してみることをおすすめします。

ただ海外不動産セミナーの中には、ちょっと怪しげなものあります。開催している企業自体に不動産事業を行っている実態がなく、たんなるブローカーも見受けられるからです。

そこで、ちゃんと不動産事業の実績があり、しかも業界首位である株式会社オープンハウスが主催する海外不動産投資セミナーをおすすめします。

東証1部上場企業のオープンハウスが開催

株式会社オープンハウスは、東京証券取引所に上場している総合不動産企業です。

不動産仲介事業や新築戸建分譲、マンション開発事業で自社ブランドを展開して急成長しています。マンション開発事業では「オープンレジデンシア」ブランドを展開しており、2017年と2018年の2年連続で東京23区のマンション供給棟数で国内最多を誇っています。

2018年にはフォーブスが発表している「アジアの優良上場企業50社」に選出されました。この中に、日本企業はたった5社しか選ばれていません。(最多は中国企業の30社)

株式会社オープンハウスの概要
項目内容
商号株式会社オープンハウス
設立1997年9月
本社所在地千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12階
資本金42億3,445万円
売上高5,403億円(2019年9月期)
従業員数2,301人(2019年3月末)
上場市場東証1部
証券コード3288

オープンハウスは「東京に、家を持とう。」というキャッチフレーズの広告で一躍有名になりました。テレビCMも放映しているので、ご覧になった方も多いでしょう。

「夢見る小学生 お付き合い」篇(30秒)- オープンハウスTVCM

オープンハウスは「アメリカに、家を持とう。」をキャッチフレーズに、アメリカ不動産事業も展開しています。

銀座にあるGINZA SIX内に「OPENHOUSE GINZA SALON」という拠点があり、おもにここで海外不動産セミナーを開催しています。

株式会社オープンハウス自身のアメリカ不動産事業も好調で、前年度比で売上倍増(98.2%増)、営業利益56.8%増となっています。売上と利益が最も伸びている事業セグメントです。

オープンハウスのアメリカ不動産事業

出典:2019年9月期決算資料説明会資料

セミナー参加費は無料

オープンハウスの海外不動産セミナーの参加に費用はかからず、無料で受講できます。

無料セミナーであっても、国内不動産投資セミナーでよくあるような、たんなる物件紹介ではありません。海外不動産投資について、基礎からしっかりと学べます。

米国不動産の基礎知識から今後の市場予測までをゼロから解説
メリットだけではないリスクを踏まえた堅実な投資を紹介
データ分析から判明した成長が期待できる「お宝地域」の解説
豪華セミナー登壇者、現地からのリアルな情報まで公開

東京だけでなく大阪や名古屋でも開催

オープンハウスの海外不動産セミナーは東京はもちろんのこと、大阪や名古屋、神戸でも開催されています。週末だけでなく平日でも開催されることがあるので、都合に合わせて選べます。

2019年の無料セミナー日程
日付場所セミナー内容
11月30日(土)東京国税OB税理士が語る!アメリカ不動産投資のメリットとリスク
12月3日(火)名古屋アメリカ不動産投資セミナー
12月4日(水)東京渋谷開催・アメリカ不動産投資セミナー
12月5日(木)大阪アメリカ不動産投資セミナー
12月6日(金)東京【平日昼開催】アメリカ不動産投資セミナー
12月7日(土)東京アメリカ不動産投資セミナー
12月7日(土)名古屋アメリカ不動産投資セミナー
12月7日(土)大阪アメリカ不動産投資セミナー
12月9日(月)大阪アメリカ不動産投資セミナー
12月11日(水)名古屋アメリカ不動産投資セミナー
12月11日(水)東京【平日昼開催】アメリカ不動産投資セミナー
お弁当付き
12月13日(金)東京アメリカ不動産投資セミナー
12月14日(土)名古屋【特別開催】ハワイ不動産市況・最新物件のご紹介
12月14日(土)名古屋アメリカ不動産投資セミナー
12月14日(土)東京ロサンゼルス不動産投資セミナー
12月14日(土)神戸【神戸三宮】経営コンサル出身税理士が教える
税務戦略とアメリカ不動産の活用方法
12月21日(土)東京税制改正大綱発表速報セミナー
人気税理士講師が語るアメリカ不動産投資

セミナーの開催日程や場所など、詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

公式 東証一部上場オープンハウスのアメリカ不動産セミナー


コメント