証券

証券

東証マザーズ指数先物

東証マザーズ指数先物は、東証マザーズ指数を対象とした先物取引です。 東証マザーズ 東証マザーズは新興企業向けの株式市場で、1999年11月に設立されました。上場基準が東証一部市場や東証二部市場より大幅に緩いため、起業して間もない企業や、...
証券

楽天証券

楽天証券は楽天グループ傘下のネット証券です。楽天グループの傘下に入る前は三井住友銀行系のDLJダイレクトSFG証券でした。私もメインの証券会社として使っていて、大口優遇の適用を受けています。 評判 楽天証券はオリコン顧客満足度ランキング...
証券

ETFとは? わかりやすく上場投資信託について解説します

ETF (Exchange Traded Fund)とは、証券市場に上場された投資信託のことで、株式のように売買できるのが特徴です。 「株主」が「投資主」、「1株」が「1口」などの用語の違いがあったり、投資信託なので信託報酬がかかったりと...
証券

iシェアーズ・コアTOPIX ETF – TOPIX型で信託報酬が最も安いETF

「iシェアーズ・コアTOPIX ETF」は、東京証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)です。TOPIX(東証株価指数)をベンチマーク(対象指標)としたETFおよびインデックスファンドの中では、信託報酬が最も安いのが特徴です。 i...
証券

貸株

貸株とは、保有する株を証券会社に貸し出して、その貸し出し料を受け取るサービスです。貸株料は証券会社や銘柄により異なりますが、銀行の普通預金金利より高いのが一般的です。 貸株のメリット 貸株制度には、次のメリットがあります。 貸...
証券

「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」を読んでみた

「全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」は、前作「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」の改訂版で、大幅に加筆・訂正されています。 大まかな内容はインデックス投資家にはおなじみの内容です。 本書では...
証券

NISA(少額投資非課税制度)とは

NISA(少額投資非課税制度)とは、上場株式や投資信託などの利益にかかる税金が非課税になる制度です。NISAを利用するには、金融機関にNISA口座を開設する必要があります。 NISAの非課税投資枠 NISAには投資できる金額と期間に制限...
証券

低コストなインデックスファンドシリーズ「たわらノーロード」

たわらノーロードとは 「たわらノーロード」は低コストのインデックスファンドシリーズで、アセットマネジメントOneが委託会社(ファンド運用の指図を行う者)です。購入時に購入時手数料がかからないノーロード型の投資信託で、信託財産留保額もありま...
証券

投資信託のリスク

投資信託(ファンド)には、さまざまなリスク(不確実性)があります。投資信託のリスクには、次のようなものがあります。 価格変動リスク 信託財産の価格変動に伴うリスク。 投資信託は日々基準価額が変わるので、購入時の価格より下落する...
証券

投資信託(ファンド)にかかるさまざまな手数料(費用)

投資信託にはさまざまな費用(手数料)がかかります。購入時にかかる手数料は分かり易いのですが、中には分かりにくい手数料もあります。そこで、投資信託の手数料をまとめてみました。 投資信託にかかる手数料には次のようなものがあります。 購入...
証券

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)は、おもに国内外の国債を投資対象とした投資信託で、為替ヘッジを行うことにより為替リスクを回避しています。 概要 ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)の概要は、次のとおりです。 ひとく...
証券

S&P GSCIトータルリターン指数

S&P GSCIトータルリターン指数とは S&P GSCIトータルリターン指数とは、世界の商品市況の総合的な動きを表す指数で、商品先物の価格変化に加えて、先物取引の委託証拠金として預け入れている短期米国債からの利子収入を加...
スポンサーリンク