マイナンバーカードの4つの暗証番号

マイナンバー 情報通信技術
マイナンバー

マイナンバーカードを交付する際には、暗証番号の設定が必要です。

マイナンバーカードのICチップに格納することができる電子証明書の発行を希望した場合は4つ、電子証明書の発行を希望しない場合は2つの暗証番号を設定します。

ひとつのマイナンバーカードに最大4つもの暗証番号があるのが分かりにくいですが、それぞれの暗証番号は、次のような用途で使用します。

署名用電子証明書

署名用電子証明書の暗証番号は、6桁以上16桁以下の英数字(大文字のみ)を組み合わせたもので、電子証明書の発行を希望した場合にのみ必要な暗証番号です。

インターネットで電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかを確認することができる仕組みです。

署名用電子証明書は、e-Taxなどで使用します。

利用者証明書用電子証明書

利用者証明書用電子証明書の暗証番号は4桁の数字で、電子証明書の発行を希望した場合にのみ必要な暗証番号です。

インターネットサイトやコンビニの端末にログインする際に、利用者本人であることを証明する仕組みです。

利用者証明書用電子証明書は、住民票などのコンビニ交付やマイナポータルで使用します。

住民基本台帳用

住民基本台帳用の暗証番号は、4桁の数字です。

市区町村で、カードを使用した本人確認を行う際に使用します。

住民票の写しの広域交付などで使用します。

券面事項入力補助用

券面事項入力補助用の暗証番号は、4桁の数字です。

個人番号や基本の4情報(氏名・住所・生年月日・性別)を自動入力するためにICチップから読み出す際に使用します。

利用者証明書用電子証明書および順民基本台帳用、券面事項入力補助用の暗証番号は、共に4桁の数字ですが、同じ番号を設定することもできます。

有効期間

電子証明書の有効期間は、発効日から5回目の誕生日までとなります。また、マイナンバーカード自体の有効期間が切れた場合は、電子証明書も失効します。有効期間満了の3か月前より、市区町村の窓口に申請して更新することができます。

引越しや婚姻などにより住所や氏名などに変更が生じた場合、署名用電子証明書は自動的に失効します。

暗証番号を間違えると…

署名用電子証明書は5回、利用者証明用電子証明書は3回、暗証番号の入力を連続して間違えるとロックがかかり、電子証明書を利用できなくなります。ロックの解除は、市区町村の窓口に申請する必要があります。

自宅のパソコンで電子証明書を利用する

電子証明書を自宅のパソコンから利用する場合は、公的個人認証サービスポータルサイトから「利用者クライアントソフト」をダウンロード(無料)して、インストールする必要があります。

暗証番号の変更

電子証明書の暗証番号は、公的個人認証サービスポータルサイトにて変更することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
情報通信技術
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント