フィーダーファンドとは?マスターファンドとベビーファンド

フィーダーファンドとは

フィーダーファンド(Feeder Fund)とは、運用する資金を他のファンドに投資する投資信託という意味です。

投資先のファンドは「マスターファンド」または「マザーファンド」と呼ばれ、海外のファンドであることが多いです。

他のさまざまなファンドに投資する「ファンド・オブ・ファンズ(Fund of Funds)」というものがありますが、これもフィーダーファンドのひとつです。ファンド・オブ・ファンズと区別するために、ここではひとつのファンドに投資するファンド・オブ・ファンド(Fund of Fund)をフィーダーファンドと呼ぶことにします。

マスターファンド

フィーダーファンドは株式などに直接投資せず、マスターファンドに投資します。株式など証券への投資は、すべてマスターファンドの中で行われます。

この方式をマスターフィーダー構造と呼びます。

マスターフィーダー構造は、ハブ&スポーク構造とも呼ばれることがあります。

ベビーファンド

投資信託のうち「ファミリーファンド方式」と呼ばれる運用形態のものは、「ベビーファンド」と「マザーファンド」という2つのファンドから構成されています。

投資家が直接購入できるのは、ベビーファンドの方です。

マザーファンドは複数のベビーファンドの運用資金を一括して運用しています。

フィーダーファンドの例

フィーダーファンドの一例として、東京証券取引所に上場されている「上場アジアリート」(銘柄コード1495)があります。

上場アジアリート

上場アジアリートは、シンガポール取引所に上場されている「NIKKOAM-STRAITSTRADING ASIA-ETF」をそのまま買い付けています。

アジアリートETFは、シンガポールおよび香港、マレーシア等の不動産に投資しています。

銘柄概要
銘柄上場インデックスファンド アジアリート
愛称上場アジアリート
コード1495
決算頻度年4回
信託報酬年0.11%

コメント