養老保険とは? わかりやすく解説

保険・年金

養老保険とは、契約期間中に被保険者が死亡したら死亡保険金が支払われ、満期時に生存していれば満期保険金を受け取ることができる保険で、生死混合保険とも呼ばれます。

養老保険とは

養老保険は次のようなときにお金を受け取ることができます。

契機受け取れるお金
死亡したとき死亡保険金
満期を迎えたとき満期保険金(死亡保険金と同額)
途中解約したとき解約返戻金

つまり、養老保険を契約すると、どのような場合にしろ何らかのお金を受け取ることができます。

そのため、保険金額・保険期間が同一の定期保険と比べると、養老保険の保険料は割高になるというデメリットがあります。

満期を迎えたとき

養老保険には契約期間が決められていて、契約期間が終了になることを満期と言います。

養老保険に加入して満期を迎えると、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができます。

契約途中で死亡しても、満期を迎えても、どちらでも保険金が受け取れるので、保障と貯蓄の両方を兼ね備えた保険と言えます。

死亡したとき

養老保険の保険期間中に死亡した場合は、死亡保険金が支払われます。

解約したとき

養老保険は保険期間中に解約することもできます。

養老保険を解約すると、解約返戻金を受け取ることができます。

養老保険にかかる税金

満期保険金

満期保険金受取人が契約者(保険料負担者)の場合、一時所得として所得税がかかります。

養老保険には50万円の特別控除額があり、一時所得は次のように計算します。

一時所得 =(満期保険金額 ー 払込保険料総額 ー 50万円)÷ 2

実際に計算してみると、ほとんど0円か少額になります。

満期保険金受取人が配偶者など、契約者以外の場合は贈与税の対象となり、所得税より割高な税金がかかります。

死亡保険金

死亡保険金にかかる税金は、満期保険金と同じです。

法人向けの養老保険

法人向けの養老保険は、保険金受取人によって次のように分類されます。

保険金受取人保険料の税法上の扱い
死亡保険金満期保険金
法人法人全額を資産計上
被保険者の遺族被保険者全額を損金算入
被保険者の遺族法人2分の1を損金算入
2分の1を資産計上

養老保険の保険金には死亡保険金と満期保険金がありますが、その保険金受取人が被保険者の遺族と被保険者であれば、福利厚生として保険料の全額を損金に算入できます。

養老保険の取扱会社

かんぽ生命

かんぽ生命では、さまざまなプランの養老保険を取り扱っています。

かんぽ生命の養老保険
プラン死亡保険金満期保険金
新フリープラン1,000万円1,000万円
新フリープラン(短期払込型)1,000万円1,000万円
新フリープラン(2倍保障型)1,000万円500万円
新フリープラン(5倍保障型)1,000万円200万円
新フリープラン(10倍保障型)1,000万円100万円
新一病壮健プラン250万円~500万円500万円

本来、養老保険は死亡保険金と満期保険金が同額ですが、かんぽ生命では死亡保険金を手厚くしたプランもあります。貯蓄より保障を重視する方におすすめです。

短期払込型は保険期間が15年と短く、保証は心もとないですが、保障より貯蓄を重視する方にはおすすめです。

コメント