時価、公示価格、路線価、固定資産税評価額など土地の価格の違い

不動産 資産運用

土地の価格には、実際に取引される実勢価格のほかに、公示価格や基準地標準価格、固定資産税評価額、相続税評価額といった公的な価格があります。

実勢価格

実勢価格とは、売主と飼い主の合意で決まる価格で、公的な価格を目安に決められます。時価ともいいます。

公示価格

公示価格とは、一般の土地取引価格の指標となる価格です。

国土交通省が毎年1月1日を基準として決定し、3月下旬に公表します。

基準地標準価格

基準地標準価格とは、公示価格の補足として、一般の土地取引価格の指標となる価格です。

都道府県が毎年7月1日を基準として決定し、9月下旬に公表します。

固定資産税評価額

固定資産税評価額とは、固定資産税や不動産取得税などの計算の基礎となる価格です。

市町村が3年に1度、1月1日を基準として決定し、3月または4月に公表します。

相続税評価額

相続税評価額とは、相続税や贈与税の計算の基礎となる価格です。路線価ともいいます。

国税庁が毎年1月1日を基準として決定し、7月1日に公表します。

公示価格基準地標準価格固定資産税評価額相続税評価額
評価替え毎年毎年3年に1度毎年
基準日1月1日7月1日1月1日1月1日
公表日3月下旬9月下旬3月または4月7月1日
決定機関国土交通省都道府県市町村国税庁
公示価格との割合100%100%70%80%

コメント