老齢年金とは?わかりやすく老齢基礎年金と老齢厚生年金の違いを解説

保険・年金

老齢年金とは、国民年金や厚生年金に加入していた方が65歳になるともらえる年金のことです。国民年金の場合は老齢基礎年金、厚生年金の場合は老齢厚生年金といい、それぞれ制度が異なります。

老齢年金とは

公的年金の給付には、一定の年齢になると受給権が発生する老齢給付があり、老齢年金と呼ばれています。

老齢年金には、国民年金の老齢基礎年金と、厚生年金の老齢厚生年金があります。

公的年金老齢給付
国民年金老齢基礎年金
厚生年金老齢厚生年金

厚生年金の加入者は国民年金にも加入しているので、老齢基礎年金と老齢厚生年金を両方受給できます。

支給日

老齢基礎年金および老齢厚生年金の支給日は、偶数月の15日です。

  • 2月15日
  • 4月15日
  • 6月15日
  • 8月15日
  • 10月15日
  • 12月15日

15日が土曜日、日曜日または祝日の場合は、その直前の平日が支給日となります。

老齢基礎年金

老齢基礎年金とは、厚生年金の加入者が受給できる老齢年金です。

受給資格

老齢基礎年金の受給資格は、国民年金または厚生年金の保険料を10年以上納めた方です。

老齢基礎年金は原則として65歳から受け取ることができます。ただし、受給開始年齢を繰り上げたり、繰り下げることもできます。

金額

老齢基礎年金の金額は、毎年変更されます。

2020年4月分からの金額は、満額の場合で年781,400円です。

手続き

受給開始年齢(65歳)になると、自動的に老齢基礎年金の支給が開始されるわけではありません。

受給開始年齢に達する3か月前に年金請求書が送られてくるので、自分から請求手続きを行う必要があります。必要事項を記入して、添付資料と共に年金事務所へ提出します。

繰り上げ受給

老齢基礎年金の支給開始年齢は、原則として65歳です。ただし、支給開始年齢を繰り上げたり、繰り下げることもできます。

繰上げ受給とは、65歳よりも早く年金の受け取りを開始することをいい、60歳から64歳まで1か月単位で任意に選べます。

繰上げ受給を行った場合、繰り上げた月数 × 0.5% が年金額から減額されます。

老齢基礎年金額 = 65歳で受け取る老齢基礎年金額 -(繰り上げた月数 × 0.5%)

65歳で受け取る老齢基礎年金を100とした場合、繰上げ受給したときの受給額は次のようになります。

受給開始年齢繰上げ月数受給額
60歳60か月70%
61歳48か月76%
62歳36か月82%
63歳24か月88%
64歳12か月94%
65歳0か月100%

繰り下げ受給

繰下げ受給とは、65歳よりも遅く年金の受け取りを開始することをいい、66歳から70歳まで1か月単位で任意に選べます。

繰下げ受給を行った場合、繰り下げた月数 × 0.7% が年金額に加算されます。

老齢基礎年金額 = 65歳で受け取る老齢基礎年金額 +(繰り下げた月数 × 0.7%)

65歳で受け取る老齢基礎年金を100とした場合、繰下げ受給したときの受給額は次のようになります。

受給開始年齢繰下げ月数受給額
65歳0か月100.0%
66歳12か月108.4%
67歳24か月116.8%
68歳36か月125.2%
69歳48か月133.6%
70歳60か月142.0%

老齢厚生年金

厚生年金から支給される老齢給付のうち、60歳から64歳までに支給される老齢給付を特別支給の老齢厚生年金、65歳以上に支給される老齢給付を老齢厚生年金といいます。

老齢厚生年金

特別支給の老齢厚生年金

特別支給の老齢厚生年金とは、厚生年金の加入期間が1年以上の人が60歳から64歳までに支給される老齢厚生年金です。

特別支給の老齢厚生年金は、加入期間に応じた金額である「定額部分」と、在職時の報酬に比例した金額である「報酬比例部分」とに分かれています。

老齢厚生年金

老齢厚生年金とは、65歳以上に支給される老齢給付です。

加給年金

加給年金とは、厚生年金の加入期間が20年以上の人に一定の要件を満たした配偶者または子がある場合に、65歳以上の老齢厚生年金の支給開始時から支給される年金です。

次の要件を満たすと加給年金が支給されます。

  • 65歳未満の配偶者または18歳到達年度の末日までの子がいる
  • 厚生年金保険の加入期間が20年以上の人によって生計を維持されている

受給資格

老齢厚生年金の受給資格は、国民年金または厚生年金の保険料を10年以上納めた方です。

厚生年金の保険料を納めた期間自体が10年未満であっても、国民年金保険料を納めた期間との合計が10年以上であれば、老齢厚生年金を受け取れます。

繰り上げ受給

老齢基礎年金と同様に、老齢厚生年金も繰り上げ受給することができます。

60歳まで繰り上げできることや、「繰り上げた月数 × 0.5」が年金額から減額される仕組みも、老齢基礎年金と同じです。

老齢厚生年金の繰り上げは、老齢基礎年金の繰り上げと同時に行わなければなりません。

繰り下げ受給

老齢基礎年金と同様に、老齢厚生年金も繰り下げ受給することができます。

70歳まで繰り下げできることや、「繰り下げた月数 × 0.7」が年金額に加算される仕組みも、老齢基礎年金と同じです。

繰り上げ受給とは異なり、老齢厚生年金の繰り下げは、老齢基礎年金の繰り下げとは別々に行うことができます。

たとえば、老齢基礎年金は65歳から受給して、老齢厚生年金は70歳から受給するといったことも可能です。受給金額が大きい老齢厚生年金は、老齢基礎年金より優先して繰り下げた方がお得です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険・年金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント