自動車保険とは

自動車 保険・年金

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意加入の自動車保険があります。

自賠責保険

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略称で、原付バイクを含むすべての自動車の所有者と運転者が必ず加入しなければならない保険です。

自賠責補年の補償対象は、死傷した相手側の運転者とその同乗者、歩行者などの対人賠償事故のみです。被害者のみが保証対象で、加害者のケガや自動車の破損は対象外です。

死傷者1人当たりの保険金の限度額は次のとおりです。

内容保険金
死亡事故最高3,000万円
傷害事故最高120万円
後遺障害75万円~4,000万円

任意加入自動車保険

任意加入の自動車保険には次のようなものがあります。

対人賠償保険

自動車事故で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に自賠責保険の支払額を超える部分の金額は支払われます。

対物賠償保険

自動車事故で他人の物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

搭乗者傷害保険

被保険自動車に乗車中の運転者や同乗者が死傷した場合などに保険金が支払われます。

自損事故保険

運転者が自賠責保険では保障されない単独事故などを起こしたときに保険金が支払われます。

無保険車傷害保険

運転者が自賠責保険では保障されない単独事故などを起こしたときに保険金が支払われます。

車両保険

自分の自動車が偶然の事故により損害を受けたときや盗難にあった場合に保険金が支払われます。

人身傷害補償保険

自動車事故により被保険者が死傷した場合に、過失の有無にかかわらず、実際の損害額が支払われます。

インズウェブ自動車保険

コメント