がん保険とは

事故 保険・年金

がん保険とは、保障の対象をがんに限定した保険です。

がんと診断されたときに支払われるがん診断給付金やがん入院給付金、がん手術給付金などがあります。

がん保険は、一般的に責任開始日から90日間程度の面積期間が設けられています。

医療保険とは異なり、がん保険の入金給付金は給付金の回数と日数に制限はありません

がん保険の給付金

がん保険の給付金には次の3種類があります。

  • がん診断給付金(一時金)
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金

がん診断給付金(一時金)

がん診断給付金とは、医師にがんと診断確定されたときに、まとまった額の一時金を受け取れる保障です。

がん診断給付金は入院や治療を前提としていないので、一時金を何に使うかは受取人の自由です。

治療費や差額ベッド代、治療や体調不良で仕事に行けなくなって不足する生活費用に使うこともできます。

がん保険の診断給付金は特約になっていて、主契約にオプションとして付けることができます。特約をつけるかどうかは契約者が任意に選ぶことができます。

一方で、一時金のみのがん保険というのもあります。

がん診断給付金の給付要件や受け取れる回数は統一されているわけではなく、保険会社や保険商品によって異なります。

がん入院給付金

がん入院給付金とは、がんによって入院した場合に、入院日数によって「1日あたりの金額×入院日数」分のお金が受け取れる給付金です。

がん保険の入院給付金は入院しなけば受け取ることができないので、入院をしない通院治療のみの場合には給付金を受け取れません。

近年、医療技術の発達により、がんによる入院日数は減少傾向にあります。

胃がんはレーザー治療ができるようになって開腹手術をしなくなったり、内服薬の抗がん剤治療を利用する場合もあるため、入院治療よりも通院治療が主流となっています。

がん手術給付金

がん手術給付金とは、がんの手術をしたときにお金が受け取れる給付金です。

一般的に手術の回数に制限はなく、手術するたびに給付金が受け取れます。

上皮内新生物と悪性新生物の違い

「がん」と呼ばれている病気は「上皮内新生物」と「悪性新生物」の2つに分類されます。

上皮内新生物とは初期がんの状態で、一般的に転移などの心配が少なく、大掛かりな手術にならないと言われています。

上皮内新生物が完治する可能性の高いがんであるのに対して、悪性新生物は転移や再発の可能性もあるがんです。

がん保険によって上皮内新生物は給付の対象外となったり、金額が減額されることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険・年金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント