ポケットファンディング【沖縄に特化したソーシャルレンディング】

ポケットファンディング クラウドファンディング

ポケットファンディングは沖縄県の投資案件に特化したユニークなソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)です。この記事では、ポケットファンディングの特徴をご紹介します。

ポケットファンディング

ポケットファンディングとは、資金供給者(投資家)と資金需要者を繋ぐソーシャルレンディングのプラットフォームで、ソーシャルバンクZAIZEN株式会社が運営しています。

ソーシャルレンディングでは、融資先の情報をあまり開示せず不透明な投資案件が多いのが実情です。

しかし、ポケットファンディングでは融資先の細かい情報まで開示しています。たとえば、沖縄南部ファンド13号【一部不動産担保付】では、不動産担保について次のような情報を開示しています。

沖縄南部ファンド13号【一部不動産担保付】の不動産担保
項目内容
担保物件土地1筆、建物1棟
※建物1棟は築年数が古いため担保評価額0円で評価しています。
担保物件地沖縄県那覇市
担保設定抵当権(第2順位)
評価方法地価公示価格・取引事例比較法
担保評価額71,571,500円
先順位額35,000,000円
貸付限度額50,100,050円
71,571,500円(担保評価額)× 70% = 50,100,050円
※原則、担保評価の70%以内での貸付となります。
営業者貸出限度額15,100,050円
50,100,050円(貸出限度額)- 35,000,000円(先順位額) = 15,100,050円
借り手資料・会社謄本
・公図
・不動産登記簿謄本
・取引事例参考書類
・担保不動産評価書(営業者調べ)等

沖縄発クラウドファンディング

ポケットファンディングの最大の特徴は、沖縄に関する投資案件が中心となっているところです。

融資型クラウドファンディングは数あれど、特定の地域に特化したものは珍しい存在です。

手数料

ポケットファンディングでは、口座開設手数料や取引手数料はかかりません。

ポケットファンディングの手数料
項目手数料
口座開設手数料無料
取引手数料無料
入金手数料投資家負担
出金手数料投資家負担

ポケットファンディングの口座(みずほ銀行那覇支店)へ入金するときは、振込手数料がかかります。

出金手数料

ポケットファンディングの口座(みずほ銀行那覇支店)から出金するときは、みずほ銀行所定の振込手数料がかかります。

ポケットファンディングの出金手数料
出金先金額振込手数料
みずほ銀行那覇支店金額に関わらず無料
その他3万円未満216円
3万円以上432円
みずほ銀行以外3万円未満540円
3万円以上756円

みずほ銀行那覇支店に口座を開設すれば、同一支店内となるので、出金手数料は無料となります。

みずほ銀行以外の銀行への振込手数料は高くつくので、ポケットファンディングを利用するならみずほ銀行の口座を開設したほうが良いでしょう。

ポケットファンディングの投資案件

ポケットファンディングでは、過去に次のような投資案件を募集しました。

ポケットファンディングの投資案件
投資案件目標利回り運用期間
沖縄南部ファンド14号【一部不動産担保付】5.9%6か月
沖縄南部ファンド13号【一部不動産担保付】5.9%6か月
沖縄中部ファンド12号【一部不動産担保付】6.0%12か月
沖縄中部ファンド11号【一部不動産担保付】6.5%18か月
沖縄北部ファンド7号【一部不動産担保付】6.0%6か月
沖縄中部ファンド10号【一部不動産担保付】5.3%12か月
沖縄中部ファンド9号【一部不動産担保付】5.6%17か月
沖縄南部ファンド11号【一部不動産担保付】5.8%23か月
S.A.G.Aファンド1号【一部不動産担保付】5.4%12か月

キャンペーン

ポケットファンディングでは過去に次のキャンペーンを実施していました。

  • ウチナーま~さむんキャンペーン

現在、ポケットファンディングで実施しているキャンペーンはありません。新たにキャンペーンが開始されたときは、当ブログ(資産運用のすゝめ)でご紹介します。

ポケットファンディングについて詳しくは公式サイトでご確認ください。

公式 Pocket Funding


Pocket Funding

コメント