立会外分売は割引株価で買えてローリスクな投資

立会外分売とは、取引時間外に売り出される株式のことです。株価が割引価格で買えるので、ローリスクな投資方法です。この記事では、立会外分売の仕組みや銘柄、実施している証券会社をご紹介します。

立会外分売とは

立会外分売とは、取引時間外(=立会外)に売り出される株式のことです。

上場会社が新規株主を増やすことを目的として、大株主である銀行やオーナー経営者などの保有株を小口に分けて、証券取引所の立会外で不特定多数に売り出します。

取引時間中にまとまった株数の株式を一度に売り出すと、株価は大きく値下がりする可能性があります。しかし、取引開始前にあらかじめ決まった価格で売買を終えてしまう立会外売買なら、そのリスクを低減しながら株主を増やし、さらに流動性を高めることができます。

株価がディスカウント価格で買える
買付手数料が無料
即日売却できる

公式 立会外分売情報 | 日本取引所グループ

通常より安い株価で買える

立会外分配における買付側の購入価格は、確定値段(1本値)で、分売実施日の前日終値よりディスカウントされるのが一般的です。

ディスカウント率は証券取引の規定により、最大10%と決められています。過去の例では、約3~5%のディスカウントで実施されています。

買付手数料が不要

立会外分売による買付は、通常の立会時間内の取引と種類が異なるため手数料がかかりません。

ただし、売却時には通常の手数料が発生します。

当日朝まで申し込める

立会外分売の申込期限は、実施日当日の朝8時20分迄です。

申込多数の場合は抽選

立会外分売の申込みが売出し数より多い場合は、抽選が行われます。抽選に当選すると、買付することができます。

立会外分売は非常に人気があるので、ほぼ抽選となります。

即日売却できる

立会外分売で取得した株式は、実施日(買付当日)からすぐに売却することができます。

買ってすぐ、まだそれほど価格が動いていない間に売却することもできます。

立会外分売の予定・実績

立会外分売の予定および過去に実施された立会外分売について詳しくは、次のページをご覧ください。

立会外分売ができる証券会社

次の証券会社で立会外分売を行っています。

  • アイザワ証券
  • SBI証券
  • SBIネオトレード証券
  • 大和証券
  • 野村證券
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • 丸三証券
  • みずほ証券
  • 楽天証券

立会外分売の買付申込注文は分売実施日の前営業日からできますが、具体的な時間帯は証券会社によって異なります。

立会外分売の注文受付時間
証券会社受付開始受付中断受付終了
アイザワ条件発表後9:20
SBI18:008:20
SBIネオトレード17:003:30~5:308:30
大和条件発表後18:00~8:008:19
野村16:302:00
松井17:008:30
マネックス夕方3:00~5:008:20
丸三18:008:00
みずほ条件発表後8:20
楽天17:158:20

立会外分売の注文受付時間内であれば、買付申込注文をキャンセルすることもできます。

東京証券取引所では、取引開始前に寄前気配(寄付前の参考気配値)を午前8時から配信しています。分売実施日の朝に気配値を見て買うかどうか決めたければ、注文受付終了時刻が遅いSBIネオトレード証券や松井証券を使うのがよいでしょう。

アイザワ証券

アイザワ証券の取引口座には対面取引口座とブルートレード口座の2種類があります。このうち、対面取引口座でのみ立会外分売を申し込めます。オンライントレード用のブルートレード口座では立会外分売を申し込めません。

SBI証券

SBI証券ではオンライントレードで立会外分売を申し込めます。

大和証券

大和証券の取引口座にはコンサルティングコースとダイレクトコースの2種類があります。コンサルティングコースは取扱部店、ダイレクトコースはコンタクトセンターで立会外分売を申し込めます。ただし、立会外分売前日18時から立会外分売当日8時まで申込みを中断するので、申し込める時間が短くなっています。

みずほ証券

みずほ証券では取扱店舗またはコールセンターで立会外分売の申し込みができます。オンライントレードでは立会外分売の申込みはできません。

楽天証券

楽天証券ではオンライントレードで立会外分売を申し込めます。

立会外分売は売材料

立会外分売は企業のオーナーが株を売り出すので、市場に出回る株式数が増えます。株式の希薄化によって1株あたりの価値が下がるので、当該銘柄の売材料となります。このため、立会外分売の実施が発表されると、その銘柄は株価が下がることが多くなります。

貸借銘柄は儲けやすい

貸借銘柄とは、信用取引で空売りができる銘柄のことです。

立会外分売は売材料であるため、立会外分売の実施が発表されると、その銘柄を空売りする投資家が増えます。空売りはいずれ買い戻す必要があるので、立会外分売の実施によって売材料が解消されると、買い戻されます。

立会外分売実施日には株価が反発することが多くなるため、貸借銘柄は儲けやすくなります。

TDnet

立会外分売の情報は、TDnet(適時開示情報閲覧サービス)にて随時公開されます。

各企業の公式サイトでも公開することがありますが、必ずしもすべての企業が立会外分売の情報を掲載しているわけではありません。

TDnetではキーワード検索が行えるので、「立会外分売」というキーワードで検索します。

コメント