投資信託の為替ヘッジの仕組み – 為替ヘッジは必要か不要どっち?

FX証券

海外の株式や債券を投資対象とする投資信託には「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジ」の2種類が用意されていることがあります。この記事では為替ヘッジの仕組みとヘッジが必要か不要どっちなのかをご紹介します。

為替ヘッジの仕組み

外貨建ての資産に投資する投信の場合、資産の価格変動リスクの他に為替レートの変動による為替リスクがあります。投資信託の資産価格が同じでも為替レートによって円建てでの価格が変わるからです。

たとえば米国株投信の場合、株価が上がっても円高ドル安になると株高とドル安が相殺されてしまい、円建てでの基準価額がマイナスになることがあります。

為替ヘッジありの投資信託の場合、米ドルを売り建てる方法で為替リスクを回避(ヘッジ)する仕組みです。為替ヘッジありの場合、ドル安になると売り建てたドルで利益が出ます。

為替ヘッジのコスト

外国為替証拠金取引(FX)と同じように、日本円と米ドルの金利差によってスワップの受け払いが発生します。米ドルは日本円より金利が高いため、米ドルを売り建てるとスワップの支払いが発生しますので、これが為替ヘッジのコストとなります。

仮に日本円より米ドルの金利が低くなった場合、米ドルを売り建てるとスワップの受け取りが発生します。この場合は為替ヘッジにより、いくらか利益を得ることになります。

「為替ヘッジなし」と「為替ヘッジあり」どっち?

「為替ヘッジなし」と「為替ヘッジあり」の違いをまとめると、次のようになります。

「為替ヘッジなし」と「為替ヘッジあり」の違い
コク目為替ヘッジなし為替ヘッジあり
円高時為替差損為替差損益なし
円安時為替差益為替差損益なし
為替ヘッジコストなしあり

投資信託に為替ヘッジは必要?

「為替ヘッジあり」の方が、投資対象資産本来の値動きに近くなります。ただし、為替ヘッジのコストを考慮する必要があります。

米ドルの場合、日米の金利差が大きいと為替ヘッジのコストも大きくなります。日米の金利差が小さい場合は、為替ヘッジはあった方がよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント