VISA加盟店で使えるプリペイドカード「VANDLE CARD(バンドルカード)」

VANDLE CARD(バンドルカード)株式会社カンムが発行しているプリペイドカードで、VISAの加盟店で支払いができます。ネットでもリアルのお店でも使えるリアルカードと、ネット専用のバーチャルカードの2つのカードから選べます。

種類

VANDLE CARD(バンドルカード)には次の3種類があります。

  • バーチャルカード
  • リアルカード
  • リアルカード+(プラス)
バーチャル リアル リアル+
有効期限 5年
発行手数料 無料 300円 600円
残高の上限額 10万円 100万円

チャージ

VANDLE CARD(バンドルカード)にチャージ(入金)するには、次のような方法があります。
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)

VANDLE CARD(バンドルカード)にチャージ(入金)できる上限金額は、カードの種類によって異なります。バーチャルカードとリアルカードの上限は10万円ですが、リアルカードプラスの上限は100万円になります。

バンドルカードの上限

バーチャル リアル リアル+(プラス)
残高の上限額 10万円 10万円 100万円

後からチャージ可能

プリペイドカードは事前にチャージしておいた金額だけ使えるのが原則ですが、バンドルカードは今お金が無くても、使った後でチャージすることができます。これを「ポチっとチャージ」と呼びます。

アプリから最大2万円までチャージ可能で、チャージした金額は翌月末までにコンビニなどで支払えばよいのです。つまり、バンドルカードはプリペイド(事前支払)とポストペイ(事後支払)を兼ねたカードなのです。

ただし、「ポチっとチャージ」には次の表に示すように手数料がかかります。

チャージ額 手数料
3,000円~10,000円 500円
11,000円~20,000円 800円

使える店

VANDLE CARD(バンドルカード)はVISAの加盟店で使えます。ただし、カードの種類によって使える店が異なります。

バーチャルカードは、amazonやチケットぴあ、メルカリなどのネットショッピングで使えます。実際にプラスチックのカードが発行されるリアルカードは、実店舗でも使えます。

バンドルカードが使える店

バーチャル リアル リアル+(プラス)
国内のVISA加盟店(実店舗) ×
国内のVISA加盟店(オンライン)
海外のVISA加盟店(実店舗) × ×
海外のVISA加盟店(オンライン)

手数料

バーチャルカードの発行手数料は無料ですが、リアルカードやリアルカードプラスの発行には手数料がかかります。

VANDLE CARD(バンドルカード)に年会費はかかりません。ただし、120日間未利用の場合は、以降30日毎に100円の口座維持費がかかります。残高が100円未満になった場合、バンドルカードは解約となります。

バンドルカードの手数料

バーチャル リアル リアル+(プラス)
発行手数料 無料 300円 600円
年会費 無料 無料 無料

上限

VANDLE CARD(バンドルカード)にチャージ(入金)できる上限金額は、カードの種類によって異なります。バーチャルカードとリアルカードの上限は10万円ですが、リアルカードプラスの上限は100万円になります。

バンドルカードの上限

バーチャル リアル リアル+(プラス)
残高の上限額 10万円 10万円 100万円

デメリット

VANDLE CARD(バンドルカード)のデメリットとして、120日間利用が無いと30日ごとに100円の口座維持費がかかる点が挙げられます。

基本的にVISA加盟店で使えるバンドルカードですが、例外的に使えない場合があります。バンドルカードを使えないのは次の場合です。

  • ガソリンスタンド(リアル+を除く)
  • 宿泊施設(リアル+を除く)
  • 公共料金
  • 定期支払・定期購読
  • 保険料
  • 高速道路料金
  • 機内販売
  • 自動券売機などの暗証番号の必要なお店
  • 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店
  • 他特定のお店
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)