VISAのタッチ決済は海外でも使える国際標準規格の電子マネー

Visaキャッシュレス決済

Visaのタッチ決済とは、クレジットカードの国際ブランドであるVISAが提供する電子マネーです。

Visaのタッチ決済とは

Visaのタッチ決済とは、VisaクレジットカードやVisaデビットカードに搭載されている非接触式ICチップのことです。

Suicaなどの電子マネーと同様に、読み取り機にかざすだけで支払いができます。

何とかペイのように「Visaのタッチ決済」という独自のキャッシュレス決済が存在するわけではなく、従来のクレジットカードやデビットカードの磁気ストライプに代わる新しい読み取り方式です。

Visaのタッチ決済

非接触ICカードの国際規格であるNFC(Near field communication: 近距離無線通信技術)タイプAとタイプBに準拠していて、海外で広く普及しています。

かつて「Visa payWave(ペイウェーブ)」という名前でしたが、「Visaタッチ決済」という名前に変わりました。

NFCとは

NFC(Near field communication)とは、近距離無線通信技術の略称で、非接触ICカードの国際規格です。NFCには、次の3つのタイプがあります。

NFCのタイプ
NFC
Type Ataspo
Type BVisaタッチ決済、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード
Type F (Felica)Suica、nanaco楽天EdyWAON

NFCタイプA

NFCタイプAは、オランダのフィリップス社などによって開発したマイフェアという技術が基になっていて、CPU(中央処理装置)を搭載せずにメモリ(記憶装置)だけを持ったICカードです。

低コストで大量生産するのに向いているため、使い捨てテレホンカードや各種会員カードに使われています。たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」にも採用されています。

NFCタイプB

NFCタイプBは、アメリカのモトローラ社などが開発したもので、CPU(中央処理装置)とメモリ(記憶装置)を搭載しています。

アメリカをはじめとして海外で広く使われ、日本では運転免許証やマイナンバーカードなど、行政部門での導入が進んでいます。

Visaのタッチ決済も、NFCタイプBに分類されます。

2020年の東京オリンピックで多くの外国人が日本を訪れますが、海外の電子マネーは日本では使えません。そのため、VISAはVisaタッチ決済の日本での普及促進に力を入れています。

NFCタイプF

日本の電子マネーのほとんどが採用している非接触ICカードはFelica(フェリカ)という規格で、もともとは日本独自の規格でした。

後にNFCタイプFとして国際標準規格になりましたが、現在でもほぼ日本でしか使われていません。

いわゆる「ガラパゴス規格」です。

海外でも使える

Suicaや楽天Edy、nanaco、WAONに搭載されているFelicaはほぼ日本独自の規格で海外では使えませんが、Visaのタッチ決済に搭載されているNFCは国際規格なので海外でも使えます。

アメリカやイギリス、シンガポール、オーストラリアのマクドナルドやスターバックス、サブウェイでVisaのタッチ決済が使えます。

イギリスでは、ロンドン交通局の鉄道やバスでも使えます。

Visaタッチ決済の使い方

Visaタッチ決済対応マークのあるVISA加盟店で端末にカードをかざすだけで支払いが完了します。支払金額が1万円未満なら、サインや暗証番号の入力は不要です。

モバイル決済にも対応しているので、スマートフォンをかざすことで支払うこともできます。

使える店

Visaのタッチ決済は、次の店舗で使うことができます。

Visaのタッチ決済が使える店
分類店舗
コンビニローソン
アズナス
ショッピング表参道ヒルズ
眼鏡メガネストアー
レンタルTSUTAYA
スポーツファイテン
家具イケア
ディスカウントストアジェーソン
書店文教堂
自動販売機伊藤園(一部)
スーパーマーケットエブリイ
イオングループ
交通ジャパンタクシー
関西国際空港
エアポートリムジン

飲食店

次の飲食店で、Visaのタッチ決済が使えます。

Visaのタッチ決済が使える飲食店
分類店舗
ファストフードマクドナルド
牛丼すき家
ファミレスココス
ビッグボーイ
ジョリーパスタ
ヴィクトリアステーション
華屋与兵衛
エルトリート
牛庵
焼肉いちばん
宝島
回転寿司はま寿司
うどん久兵衛屋
たもん庵
瀬戸うどん
カフェカフェミラノ
モリバコーヒー
バーHUB
その他ぐるなびPay

旅行・宿泊

次の旅行代理店、宿泊施設でVisaのタッチ決済が使えます。

  • JTB
  • ホテルヴィラフォンテーヌ

対応カード

Visaのタッチ決済はデビットカードやクレジットカードに搭載されています。

Visaのタッチ決済付きデビットカード

Visa自身がVisaクレジットカードを発行していないのと同様に、Visa自身はVisaタッチ決済カードを発行していません。Visaと提携した金融機関がVisaタッチ決済に対応したデビットカードを発行しています。

Visaタッチ決済に対応したデビットカードは、次の金融機関で発行しています。

金融機関年会費(税別)還元率
楽天銀行(ベーシック)無料1%
楽天銀行(シルバー)2,000円1%
楽天銀行(ゴールド)5,000円1%
住信SBIネット銀行無料0.6%
ソニー銀行無料0.5%~2%
りそな銀行無料0.5%
あおぞら銀行無料0.25%~1%
ジャパンネット銀行無料0.2%
GMOあおぞら銀行無料なし
三井住友銀行無料なし
ゆうちょ銀行無料なし

楽天銀行

楽天銀行のデビットカードは、利用金額の1%分が楽天スーパーポイントで還元されます。

あおぞら銀行

あおぞら銀行のデビットカードは、半年間の利用金額に応じて0.25%~1%分が普通預金口座にキャッシュバックされます。

あおぞら銀行デビットカードの現金還元率
半年間の利用金額還元率
15万円未満0.25%
15万円以上 30万円未満0.50%
30万円以上 60万円未満0.75%
60万円以上1.00%

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のデビットカードは、利用金額の0.6%分がスマートプログラムポイントで還元されます。

りそな銀行

りそな銀行のデビットカードは、利用金額の0.5%分がりそなクラブポイントで還元されます。(または100円ごとにJALマイレージバンク1マイル)

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のデビットカードは、利用金額の0.2%がJNBスターで還元されます。

ソニー銀行

ソニー銀行MONEYKitのデビットカード「Sony Bank WALLET」は、Club Sのステータスに応じて、0.5%~2%まで還元率がアップされます。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の「ゆうちょVisaデビットカード(プリペイド機能つき)」は、もともと「mijica(ミジカ)」というプリペイドカードでしたが、2019年1月28日からVisaのタッチ決済を搭載したデビットカードになりました。

Visaのタッチ決済付きクレジットカード

次のクレジットカードにVisaタッチ決済が搭載されています。

カード会社年会費(税別)還元率
イオン無料0.5%
オリコ1,250円0.1%~0.2%
三井住友カード無料0.1%
アプラス無料なし
ジャックス1,250円なし
LINE Pay無料初年度のみ3%

イオン

イオンカードは、利用金額の0.5%分がときめきポイントで還元されます。

オリコ

オリコのクレジットカードは、利用金額の0.1%分がスマイルポイントで還元されます。海外の利用では0.2%分が還元されます。

三井住友カード

三井住友カードが発行するクレジットカード「TOKYO 2020 OFFICIAL CARD」(東京オリンピック公式カード)には、Visaのタッチ決済が搭載されています。

利用金額1,000円(税込)ごとに三井住友カードのワールドプレゼントが1ポイント付与されます。

Visaタッチ決済のキャンペーン

2019年3月1日~6月30日の期間中にVisaのタッチ決済またはVisaデビットを使うと、東京オリンピックのチケットやグッズが抽選で当たるキャンペーンが実施されています。

A賞東京2020オリンピック観戦チケット60組120名
B賞Visaオリジナル東京2020オリンピックグッズ1,200名

Visaのタッチ決済を5回以上(1回あたり300円以上)利用する必要があります。

キャンペーンに応募するには、事前にエントリーが必要です。エントリーは次のページから行えます。

Visaのタッチ決済 60s
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント