外貨預金とは

通貨 銀行

外貨預金とは外貨で行う預金です。円預金と同様に普通預金と定期預金があります。

外貨預金のメリット

一般的に外貨預金は円預金より利率が高いことが多いです。

外貨預金のデメリット

日本の銀行であっても、外貨預金は預金保険制度の対象外です。銀行が倒産した場合、預金が返金される保証はありません。

外貨預金の種類

金融機関によって、外貨預金で取り扱っている通貨は異なります。一般的に次の通貨を取り扱っていることが多いようです。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル(オーストラリアドル)
  • ニュージーランドドル
  • 南アフリカランド
  • 中国人民元

外貨預金にかかる税金

円預金と同様に、外貨預金の利息には税金がかかります。

外貨から円に換えたときに為替レートの変動によって差益が出た場合は、為替差益にも税金がかかります。

所得課税方法税率確定申告
利息利子所得源泉分離課税20.315%不要
為替差益雑所得総合課税累進課税原則必要

外貨預金の利息は、利子所得として税率20.315%の源泉分離課税の対象となります。

源泉分離課税とは、他の所得とは合算せずに税額が決まり、金融機関によって源泉徴収される課税方法です。

為替差益は雑所得として総合課税の対象となります。総合課税なので、他の所得(会社員の給料など)と合算して累進課税になります。累進課税なので、いくら所得があったかによって税率が変わります。ただし、会社員は1年間の雑所得が20万円以下の場合は確定申告不要です。

なお、為替差益による損失の金額は、外貨預金の利子にかかる利子所得の金額と損益通算することができません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
銀行
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント