保険会社のソルベンシー・マージン比率 2021年ランキング

ソルベンシー・マージン比率とは、保険会社の支払い能力を示す指標です。この記事では、2021年における生命保険会社、損害保険会社、少額短期保険会社および共済組合のランキングをご紹介します。

ソルベンシー・マージン比率とは

ソルベンシー・マージン比率とは、通常予測できないリスクが発生した場合に、保険会社が支払い能力があるかどうかを判断する指標です。

ソルベンシー・マージン比率は数値が高いほど安全性が高く、200%以上が健全性の目安となります。ソルベンシー・マージン比率が200%を下回ると、経営の健全性を回復させるために、金融庁から早期是正措置が発動されます。

保険会社のソルベンシー・マージン比率は常に変動しています。1年に数百パーセント変化することも珍しくありません。保険会社のソルベンシー・マージン比率は、最新の情報を調べることをおすすめします。

保険会社は毎年の決算期末(3月がほとんど)にソルベンシー・マージン比率を計算しなおして公表します。ただし、実際の公表は7月頃になることが多いです。

計算方法

ソルベンシー・マージン比率は次の計算式によって求めます。

ソルベンシー・マージン比率 = マージンの総額 ÷(リスクの総額 × 0.5)× 100

マージンとは資本金などの自己資本や準備金を表します。これに大規模災害などにより保険金支払いが増加するリスクや資産運用環境の悪化による資産の減少などのリスクを加味します。

ソルベンシー・マージン比率の計算式において、リスク額を半分にして計算していることにご注意ください。

「200%」という字面から余裕があるように感じますが、実際には200%で最大リスクにぎりぎり耐えうるという意味です。

生命保険

2021年における生命保険会社のソルベンシー・マージン比率は、次のとおりです。

生保会社のソルベンシー・マージン比率ランキング
保険会社ソルベンシー・マージン比率
みどり生命3,104.6%
ネオファースト生命2,974.3%
ライフネット生命2,647.0%
メディケア生命保険2,298.5%
ソニー生命保険2,126.6%
イオン・アリアンツ生命保険1,969.8%
楽天生命保険1,886.4%
オリックス生命保険1,517.0%
SOMPOひまわり生命1,460.4%
三井住友海上あいおい生命1,439.5%
東京海上日動あんしん生命1,430.1%
大同生命1,309.7%
フコク生命1,237.2%
チューリッヒ生命1,217.3%
大樹生命1,175.2%
FWD富士生命1,157.0%
明治安田生命1,152.0%
かんぽ生命1,121.2%
フコクしんらい生命1,084.9%
三井住友海上プライマリー生命1,054.8%
日本生命1,007.5%
朝日生命972.0%
メットライフ生命 9月959.7%
第一生命保険955.4%
アフラック916.7%
ジブラルタ生命保険901.3%
SBI生命898.1%
住友生命862.5%
アクサダイレクト生命841.1%
T&Dフィナンシャル生命826.8%
太陽生命保険871.0%
PGF生命 9月814.1%
プルデンシャル生命保険824.5%
エヌエヌ生命保険803.5%
マニュライフ生命825.9%
カーディフ生命774.6%
アクサ生命753.0%
第一フロンティア生命 9月614.2%
クレディ・アグリコル生命544.9%

※2021年3月決算(9月は2020年9月決算)

損害保険

地震や台風などの自然災害のリスクが大きいため、損保会社は生保会社よりソルベンシー・マージン比率が低くなる傾向があります。

2021年における損害保険のソルベンシー・マージン比率は、次の表のとおりです。

損保会社のソルベンシー・マージン比率ランキング
保険会社ソルベンシー・マージン比率
明治安田損保2,832.2%
エイチ・エス損害保険2,557.8%
日立キャピタル損害保険2,360.6%
ジェイアイ傷害火災保険2,195.1%
au損保1,371.1%
AIG損保1,305.1%
日新火災海上保険1,279.4%
共栄火災1,153.1%
あいおいニッセイ同和損保921.6%
三井住友海上916.0%
ソニー損保861.7%
東京海上日動火災保険825.9%
楽天損保807.7%
損保ジャパン703.5%
セコム損保687.2%
三井ダイレクト損保595.8%
イーデザイン損保581.8%
アクサ損害保険573.1%
SBI損保545.5%
セゾン自動車火災保険458.3%
アニコム損保354.2%
アイペット損保260.4%

※2021年3月決算

少額短期保険

少額短期保険会社のソルベンシー・マージン比率ランキングは次のとおりです。

少額短期保険会社のソルベンシー・マージン比率ランキング
少額短期保険会社ソルベンシー・マージン比率
メモリード・ライフ7,489.0%
ベル少額短期保険6,159.8%
アスモ少額短期保険株式会社6,045.0%
アイアル少額短期保険5,604.2%
アクア少額短期保険5,138.1%
富士少額短期保険4,676.6%
イオン少額短期保険4,197.0%
e-Net少額短期保険3,401.6%
SBI日本少額短期保険2,273.3%
SBIいきいき少額短期保険1,974.1%
さくら少額短期保険1,712.1%
エール少額短期保険1,674.7%
SBIリスタ少額短期保険1,026.8%
あすか少額短期保険631.7%

※2021年3月決算

共済組合

共済組合は保険会社ではありませんが、消費生活協同組合法施行規則に定める方法に基づいて、支払余力比率を算出しています。

共済の支払余力比率
共済支払余力比率
こくみん共済coop(旧・全労災)2,117.3%
コープ共済1,539.2%
JA共済1,276.9%

共済について詳しくは、次の記事をご覧ください。

共済組合とは(こくみん共済・コープ共済・JA共済・都民共済)
共済組合とは組合員の互助組織です。営利を目的とした民間保険会社と異なり、非営利で事業活動を行っています。非営利のため、民間保険会社の保険や年金より掛金が安くなっています。

経営の健全性を示す絶対的な評価ではない

保険会社の安全性を判断するうえて重要な尺度であるソルベンシー・マージン比率ですが、その見方にはいくつか注意すべき点があります。

気をつけたいのは、ソルベンシー・マージン比率が生命保険会社の経営の健全性を示す絶対的な評価にはならないということです。

大和生命はハイリスク・ハイリターンの運用に走ったため、リーマンショックを受けて2008年10月に経営破綻しました。同社のソルベンシー・マージン比率は、2008年3月時点で555%でした。

ソルベンシー・マージン比率が高いからといって、必ずしも保険会社の経営が健全というわけではありません。

保険見直しラボ みんなの生命保険アドバイザー

コメント