少額短期保険(ミニ保険)のメリット・デメリット

事故 保険・年金

少額短期保険とは、保険業のうち一定の事業規模の範囲内において、保険金額が少額・短期の保険の引受けのみを行う事業をいい、ミニ保険とも呼ばれます。(保険業法 第12章 少額短期保険業者の特例)

少額短期保険のデメリット

少額短期保険には次のようなデメリットがあります。

保険期間が短期

少額短期保険の保険期間には、次のような制約があります。

分野保険期間
第1分野(生命保険)1年以内
第2分野(損害保険)2年以内
第3分野1年以内
第3分野の保険とは、医療保険や介護保険、傷害保険、がん保険、所得補償保険などをいいます。

保険金額が少額

少額短期保険では、保険の区分に応じて保険金額の上限が設けられています。

保険区分保険金額
死亡保険300万円以下合計額1,000万円以下
医療保険(傷害疾病保険)80万円以下
疾病等を原因とする重度障害保険300万円以下
傷害を原因とする特定重度障害保険600万円以下
傷害死亡保険300万円以下
損害保険1,000万円以下
低発生率保険1,000万円以下

生命保険料控除の対象外

生命保険料を支払った場合に生命保険料控除が適用されますが、少額短期保険は生命保険料控除の対象外です。

保険契約者保護機構への加入義務がない

保険契約者保護機構とは、保険会社が破綻した場合に契約者を保護するために設立された法人です。

保険会社は保険契約者保護機構に加入が義務付けられていますが、少額短期保険業者には加入義務はありません。

少額短期保険業者選びで大切なことは、保険支払能力を確認することです。

保険契約者保護機構への加入義務がない少額短期保険業者にとって、ソルベンシー・マージン比率が高い(=保険支払能力が高い)ことは大きな宣伝文句になるはずです。

実際、一部の業者はWebサイトのトップページにソルベンシー・マージン比率を誇らしげに掲載しているところがあります。

Webサイトで探しても、ソルベンシー・マージン比率の記載がどこにも見当たらない場合は・・・そういうことです。

保険会社同士が相互に保険をかけあってリスクの分散を図る再保険の比率を表す「再保険出再率」も参考になります。

少額短期保険のメリット

少額短期保険には次のようなメリットがあります。

生命保険と損害保険を両方取り扱っている

保険会社は生命保険と損害保険を兼業することができませんが、少額短期保険業者は生命保険と損害保険の兼業が認められています。

そのため、幅広い商品を取り扱っていることが多いです。

地震保険に単独で加入できる

損害保険会社では地震保険は火災保険とセットでしか加入できませんが、少額短期保険では地震保険に単独で加入できます。

保険料が手ごろ

少額・短期の保険に限られているため、保険料が手頃になっています。

必要な期間だけ加入できる

短期の保険に限られているため、必要な期間だけ加入できます。

少額短期保険の種類

少額短期保険には次のような種類があります。

損害保険

  • 火災保険
  • 家財保険
  • 地震保険
  • 自転車保険
  • バイク保険

第3分野

  • 医療保険
  • 介護保険
  • 賃貸住宅保険
  • テナント保険
  • ペット保険
  • リフォーム保険
  • 老人ホーム保険

少額短期保険会社の一覧

少額短期保険業者には次のような会社があります。

  • e-Net少額短期保険
  • SBIいきいき少額短期保険
  • SBI日本少額短期保険
  • SBIリスタ少額短期保険
  • アイアル少額短期保険
  • アクア少額短期保険
  • あすか少額短期保険
  • アスモ少額短期保険
  • イオン少額短期保険
  • トライアングル少額短期保険
  • 富士少額短期保険
  • ベル少額短期保険
  • メモリード・ライフ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険・年金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント