所得控除とは?わかりやすく解説

確定申告 税金

所得控除とは、税金を計算するときに課税されない金額を所得から差し引くことをいいます。

所得控除の種類

所得控除には次の種類があります。

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 障碍者控除
  • 寡婦控除
  • 勤労学生控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 医療費控除
  • 雑損控除
  • 寄付金控除

基礎控除

基礎控除とは、だれでも無条件で適用される所得控除で、控除額は38万円です。

配偶者控除

配偶者控除とは、次に示す要件を満たす控除対象配偶者がいる場合に適用される所得控除です。

  • 納税者本人と生計を一にする配偶者がいること
  • 配偶者の合計所得金額が38万円以下であること
  • 納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下であること

配偶者の所得金額とは、配偶者の給与収入の金額から給与所得控除の65万円を差し引いた後の金額です。つまり、給与収入の金額が103万円以下であれば、所得金額が38万円(103万円 ー 65万円)以下となります。

納税者本人の合計所得金額 控除額
900万円以下 38万円
900万円超950万円以下 26万円
950万円超1,000万円以下 13万円

配偶者特別控除

配偶者特別控除とは、配偶者控除の対象にならない場合で、次の要件を満たす場合に適用される所得控除です。

  • 納税者本人と生計を一にする配偶者がいること
  • 配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下であること
  • 納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下であること

コメント