知らないでは済まされない!政府が問題視するほどお得なふるさと納税

ふるさと納税 税金

最近ニュースなどで「ふるさと納税」という言葉をよく聞くけれど、どのような仕組みかわからない。家電や旅行券などがもらえてお得らしいから、やってみたい。

そんな方は、この記事を読むことで、ふるさと納税がわかります。加えて有利なふるさと納税のやり方も説明しています。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税には「納税」という名前がついていますが、実際には都道府県や市区町村への寄付になります。

ふるさと納税は、自治体に寄付した金額に応じて所得税と住民税が減額される「寄附金控除」として取り扱われる仕組みです。

所得税とは、収入に対して国に納める国税です。住民税とは、収入に対して都道府県と市区町村に納める地方税です。

ふるさと納税の計算

自分が選んだ自治体に寄付すると、寄付金のうち2,000円を超える金額が所得税と住民税から控除されます。

控除額 = 寄付金額 - 2,000円

ただし、10,000円をふるさと納税すると税金が8,000円安くなるのかというと、そんなに簡単な仕組みではありません。

控除には「所得控除」と「税額控除」の2種類あり、所得税額は次の計算式によって求めます。

所得税額 =(所得 - 所得控除)× 税率 - 税額控除

仮に所得金額が400万円、税率が20%だとすると、同じ10万円の控除でも所得控除と税額控除では次のように違います。

所得税の計算
控除計算税額
所得控除 10万円(400万円 - 10万円)× 20%78万円
税額控除 10万円400万円 × 20% - 10万円70万円

このように、所得控除よりも税額控除の方が節税効果が高くなります。

ふるさと納税の寄附金控除は所得控除なので、10,000円を寄付しても税金が8,000円安くなるわけではありません。

ただし、ふるさと納税が大きく節税になる場合があります。

所得税では課税所得金額が多くなればなるほど、高い税率が適用される超過累進税率という仕組みです。

所得税の税率は次のようになっています。

課税所得金額税率
                  195万円以下 5%
   195万円超 330万円以下10%
   330万円超 695万円以下20%
   695万円超 900万円以下23%
   900万円超 1,800万円以下33%
1,800万円超 4,000万円以下50%
4,000万円超45%

ふるさと納税によって、所得から所得控除額を差し引いた金額(課税総所得金額)が下がると、所得税の税率が下がることがあります。

もし所得税の税率が下がると、所得控除以上に大きな節税になります。年収によっては10%も税率が下がることも。

税額控除の場合は、税率をかけた後の税額から差し引くので、このような効果はありません。

ふるさと納税の限度額

所得税や住民税から控除できるお得なふるさと納税ですが、控除には限度額があります。

ふるさと納税の限度額
税区分限度額
所得税総所得金額等の40%
住民税総所得金額等の30%

ふるさと納税ワンストップ特例制度

控除を受けるためには、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。

確定申告を行うと、所得税分はその年から控除(還付)され、住民税分は翌年度の住民税から控除されます。

ただし、会社員など確定申告の不要な給与所得者は、ふるさと納税先が5団体以内であれば、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になります。これを「ふるさと納税ワンストップ特例制度」といいます。

ふるさと納税ワンストップ特例の申請を行った場合、所得税からの控除は行われず、その分も含めた控除額の全額が翌年度の住民税から控除されます。

ふるさと納税の返礼品にかかる税金

ふるさと納税を行うと、さまざまな返礼品がもらえます。

地方自治体への寄付に対する返礼品を受け取った場合、一時所得として所得税や住民税の課税対象になります。

ただし、一時所得は年に50万円までなら所得税や住民税はかかりません。

ふるさと納税の例

各自治体では、ふるさと納税をしてくれた方にさまざまな返礼品を用意しています。

非常に多種多彩な返礼品がありますが、その一部をご紹介します。

佐賀県嬉野市(佐賀牛)

牛肉

佐賀県嬉野市に10,000円のふるさと納税を行うと「佐賀牛の切り落とし1Kg」がもらえます。

佐賀牛とは、佐賀県農業協同組合管内の肥育農家で飼育された黒毛和種の和牛のうち、日本食肉格付協会の定める牛取引規格の最高の肉質である5等級および4等級の脂肪交雑値7以上を「佐賀牛」と呼び、それ以下の「佐賀産和牛」と区別してブランド化されています。

ちなみに、楽天市場で佐賀牛切り落とし1Kgを探してみたところ、最低価格でも4,900円します。

大分県玖珠町(バルミューダのトースター)

大分県玖珠町(くすまち)に83,000円のふるさと納税をすると、最高の香りと食感を実現する感動の家電として話題になった、バルミューダのトースターが返礼品としてもらえます。

ふるさと納税のサイト

ふるさと納税は寄付先の自治体を自分で選べますが、日本には都道府県が47、市区町村が1,700以上もあります。

自分で各自治体のふるさと納税に調べるのは困難です。そのため、ふるさと納税のサイトを使うのが便利です。

ふるさと納税のサイトでは、おすすめの返礼品や還元率、人気ランキングなどがまとまっていて、寄付先の自治体を選びやすくなっています。

ふるさと納税のサイトによって、取り扱う自治体や返礼品が異なることがあるので、複数のサイトを利用してみるのがおすすめです。

さとふる

ふるさと納税って?(さとふる)

「さとふる」とは、ふるさと納税で地域活性化を促進するためのサイトです。

応援したい自治体や特産品情報をすぐに探すことができ、ふるさと納税の申込みを簡単な手続きで行えるので、初心者の方も安心してふるさと納税ができます。

「お礼品人気ランキング」や「控除限度額シミュレーション」など、ふるさと納税の寄付先を検討するのに役立つコンテンツも充実しています。

寄附金の支払方法が多く、次の決済方法に対応しています。

  • クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)
  • コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート)
  • ペイジー
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

詳しくは公式サイトの情報が参考になるので読んでみてください。

≫ さとふる

ふるり

ふるりは綺麗な写真が多くて、見るだけでも楽しいふるさと納税サイトです。

自治体に関する情報量が多く、「トピックス」は各自治体の魅力を紹介するストーリーと写真が満載で、郷土愛が伝わってきます。

ふるりでは次の決済方法に対応しています。

  • クレジットカード(VISA、MasterCard)
  • 納付書・払込票払い
納付書払いは手数料が無料ですが、寄付先の自治体から納付書が郵送されてくるので時間がかかります。

興味がある方は、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてください。

≫ ふるり

さとめぐり

「さとめぐり」は山口県に特化したふるさと納税サイトです。

名物の「ふぐ」を始めとして、山口県全域を網羅する特産品を取り揃えています。

また、山口県の旅館宿泊券を取りそろえることで、 ふるさと納税を使って山口旅行をすることもできます。旅館宿泊券商品の中には、ロシアのプーチン大統領も宿泊した「大谷山荘」もラインナップしています。

さとめぐりでは次の支払方法に対応しています。

  • クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)
  • 銀行振込
  • 郵便振替

興味がある方は、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてください。

≫ 山口ゆめ花博応援ふるさと納税は「さとめぐり」

Wowma!ふるさと納税

Wowma!ふるさと納税は、人気・話題のファッション・コスメ・グルメ・日用品などが揃った総合ショッピングモールサイトWowma!が運営する、ふるさと納税サイトです。

KDDI au系なので、auかんたん決済やWow!スーパーポイントを使って寄付できるのが特徴です。

2018年11月12日~11月26日の期間中にふるさと納税メルマガに登録すると、Wowma!クーポン1,000円分が抽選で当たるキャンペーンが実施されています。

Wowma!ふるさと納税では、次の支払方法に対応しています。

  • クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)
  • auかんたん決済
  • Wow!スーパーポイント

Wowma!ふるさと納税について詳しくは公式サイトをご覧ください。

≫ Wowma!ふるさと納税

ふるさと納税の今後

各自治体がふるさと納税を獲得すべく、返礼品競争が過熱しています。

「豪華すぎる返礼品」が問題となり、寄付金に対する返礼品の割合が3割を超える場合や、地場産品でない場合の寄付を税優遇の対象から外すことを総務省が検討を始めています。

ふるさと納税を考えている方は、早めの手続きをおすすめします。

ふるさと納税の関連記事

ふるさと納税については次の記事もご覧ください。

ふるさと納税の還元率が良すぎて総務省のブラックリスト入りした自治体

スポンサーリンク
スポンサーリンク
税金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント