一時所得とは?わかりやすく解説 税金の計算方法など

税金

一時所得とは

一時所得とは、次の所得以外のうち、一時的な所得をいいます。(所得税法第34条)

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得

おもな一時所得には、次のようなものがあります。

  • 懸賞、福引、クイズの賞金
  • 競馬、競輪などの払戻金
  • 生命保険の満期保険金や損害保険の満期返戻金
  • 法人からの贈与金品、ポイントで交換した景品相当額
  • 謝礼(報酬的なものを除く)

申告不要な一時所得

次の所得は一時所得ではありますが、非課税のため確定申告は不要です。

  • 宝くじの当選金
  • ノーベル賞の賞金

一時所得の計算

一時所得は次の計算式によって求めます。

一時所得 = 総収入金額 ー 支出金額 ー 特別控除額

特別控除額は最高50万円です。

一時所得の課税方法

一時所得の課税方法は、他の所得と合算して税額を計算する総合課税で、確定申告が必要です。

ただし、所得金額の2分の1だけを合算します。

コメント