不動産にかかる税金

不動産 税金

不動産を譲渡したときにかかる税金

譲渡所得

土地や建物を売却して収入を得たときは、譲渡所得として所得税がかかります。この場合の譲渡所得は分離課税となります。

分離課税とは、他の所得と合算せずに分離して課税することをいいます。

譲渡所得は次の計算式で求めます。

譲渡所得 = 収入金額 ー(取得費 + 譲渡費用)

個人が土地・建物を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算において、譲渡した土地・建物の取得費が不明である場合は、譲渡収入金額の5%相当額を取得費とすることができます。

譲渡所得の税率は、不動産を譲渡した年の1月1日時点での所有期間によって異なります。

所有期間 税率
短期譲渡所得 5年以下 39.63%
長期譲渡所得 5年超 20.315%

※2037年まで特別復興所得税が上乗せされています。

コメント