国民年金とは

年金 保険・年金

年金制度には、強制加入の公的年金と任意加入の私的年金があります。

公的年金制度は、国民年金を基礎年金として、会社員や公務員が加入する厚生年金との2階建て構造になっています。

国民年金の加入者

国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、国民年金に加入しなければなりません。これを強制加入保険者といいます。

任意加入被保険者

60歳以上65歳未満の人が、年金受給額を満額に近づけるために、国民年金に任意で加入することもできます。

任意で国民年金に加入している人を任意加入被保険者といいます。

国民年金の種類

強制加入保険者は第1号被保険者から第3号被保険者までの3種類に分類されます。

第1号被保険者

自営業者や学生、無職の人が第1号被保険者に該当します。

第1号被保険者に扶養されている配偶者も第1号被保険者になります。

第2号被保険者

会社員や公務員など、厚生年金に加入している人が第2号被保険者に該当します。

通常、国民年金は20歳以上60歳未満の人が加入しますが、16歳から19歳であっても会社員なら国民年金に加入します。

また、老齢基礎年金の受給権者となった場合は、第2号被保険者の資格を失います。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者は、第3号被保険者になります。

第1号被保険者に扶養されている配偶者は、第3号被保険者ではなく、第1号被保険者になります。

付加年金

付加年金とは、任意で月額400円を国民年金保険料に上乗せすることによって、受け取れる老齢基礎年金の金額が増える制度です。

老齢基礎年金に加算される金額(年額)は、次の計算式によって求めます。

老齢基礎年金の加算額 = 付加年金の納付月数 × 200円

老齢基礎年金の加算額は付加保険料の半額となっているので、老齢基礎年金を2年以上受給すれば元を取れます。つまり、67歳まで生きれば支払った保険料以上に年金が受け取れます。

付加年金
加入期間累計付加保険料年金加算額
1年4,800円年額2,400円
10年48,000円年額24,000円

国民年金保険料を1年前納している場合でも、途中から付加年金に加入することができます。

付加年金を利用できるのは第1号被保険者のみです。付加年金と国民年金基金の併用はできません。

国民年金保険料の納付方法

国民年金保険料は次のいずれかの方法で納付できます。

  • 納付書
  • 口座振替
  • クレジットカード
  • デビットカード

納付書は銀行やコンビニで支払えます。

国民年金保険料を前納で一括払いすると割引になります

国民年金保険料を前納すると、割引になります。

国民年金保険料の割引率
支払方法振替方法納付額割引額割引率
現金またはクレジットカード月払い16,410円なしなし
6か月前納97,660円3,200円0.8%
1年前納193,420円7,000円1.8%
2年前納380,880円12,960円3.3%
口座振替翌月末振替16,410円なしなし
当月末振替(早割)16,360円1,200円0.3%
6か月前納97,340円4,480円1.1%
1年前納192,790円8,260円2.1%
2年前納379,640円14,200円3.6%

1年前納や2年前納は、2月末日までに申し込む必要があります。

年金記録の照会

毎年誕生月に年金記録を記載した「ねんきん定期便」が送られてくるので、そこで年金記録の照会ができます。

また、ねんきんネットでも随時確認できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険・年金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント