不動産投資クラウドファンディング「FANTAS funding」がサービス開始

不動産 証券

リアルエステートテック企業のFANTAS technology株式会社が不動産投資型クラウドファンディング「FANTAS funding」のサービスを開始しました。

不動産投資型クラウドファンディングとは

不動産投資型クラウドファンディングとは、不特定多数の人がインターネットを通じて現物不動産を資産とするファンドの運用を支援する仕組みです。

平成29年に不動産特定共同事業法が改正されて、現物不動産ファンドのクラウドファンディングが可能になりました。

不動産特定共同事業法とは、出資を募って不動産を売買・賃貸し、その収益を分配する事業を行う事業者について、許可制度を実施し、業務の適正な運営の確保と投資家の利益の保護を図る法律です。

不動産投資型クラウドファンディングにかかる税金

不動産投資型クラウドファンディングの分配金は、雑所得として総合課税の対象となります。

通常、分配金は20.42%の所得税が源泉徴収されています。

給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える場合は、確定申告をしなければなりません。

不動産投資型クラウドファンディングとJ-REITの違い

不動産投資型クラウドファンディングとJ-REITは、どちらも少額から不動産に投資できますが、次のような違いがあります。

不動産投資型クラウドファンディングJ-REIT
取り扱い各クラウドファンディングサイト証券会社
最低投資金額1万円数万円
利回り数%~十数%数%
投資物件1件複数物件に分散
投資期間あらかじめ決まっている(数か月~)無期限
手数料なし売買手数料がかかる
所得区分雑所得配当所得

FANTAS fundingとは

「FANTAS funding」は、最短4か月からの運用期間、投資金額は1口1万円からインターネット上で不動産に投資して、賃貸または売却からの収益に基づいた配当金の分配を受けられる仕組みです。

対象となる不動産は、空き家となっている住宅をリノベーションおよびバリューアップしたものが中心になっています。

FANTAS fundingを運営するFANTAS technologyは、不動産特定共同事業法に基づく事業の許可を受けています。

投資家は資産が優先的に保全される優先出資者となり、FANTASがプロジェクト全体の20%を出資することで、価格下落が生じた場合でも20%までの下落であれば、投資家の元本は守られます。

FANTAS fundingの優先出資の仕組み

もし売却損が発生してもFANTAS出資分から減額され、20%を超える減額がなければ投資家の元本に影響はありません。

FANTAS fundingのプロジェクト一覧

FANTAS funding開始時点でのプロジェクトは次のとおりです。

プロジェクト予定分配率運用期間一口出資額
FANTAS repro(空き家再生)PJ 第1号10%7か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第1号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第2号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第3号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第4号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第5号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第6号8%4か月1万円
FANTAS check(中古不動産流通)PJ 第7号8%4か月1万円

不動産投資型クラウドファンディングの関連記事

不動産投資型クラウドファンディングについては次の記事もご覧ください。

不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント