不動産登記簿とは

不動産 資産運用

不動産は所有地や所有者の権利などが不動産登記記録に記載され、公示されます。不動産登記記録は登記簿とも呼ばれます。

不動産登記簿の構成

不動産登記簿は表題部と権利部から構成され、権利部は甲区と乙区に区分されています。

不動産登記簿の構成
内容
表題部不動産の所在や面積、構造など
権利部甲区所有権に関する事項
乙区所有権以外の権利に関する事項

表題部

不動産登記簿の表題部には、次のようなことが記載されています。

  • 土地の所在
  • 土地の地番(一筆の土地ごとに登記所が付する番号)
  • 地積(土地の面積)
  • 地目(宅地・田・畑・山林など)
  • 建物の所在
  • 建物の地番
  • 家屋番号
  • 種類(居宅・店舗・事務所など)
  • 構造(木造・鉄骨鉄筋コンクリートなど)
  • 床面積

権利部

不動産登記簿の権利部は甲区と乙区に分かれていて、不動産の権利について記載されています。

甲区

甲区には所有権の保存や所有権の種類、差押え、仮処分などの所有権に関する事項が記載されています。

乙区

乙区には抵当権や先取得権、貸借権など、所有権以外の権利に関する事項が記載されています。

不動産登記簿の閲覧

法務局で土地の登記事項証明書の交付申請を行う場合、土地の所有者から許諾を得る必要はありません。

不動産登記簿は、手続きをすれば誰でも閲覧できます。

対抗力

不動産登記をしておくと、自分がその不動産の権利者であると第三者に主張できます。これを対抗力といいます。

公信力

不動産登記には公信力がありません。つまり、登記事項が必ずしも真実の内容であることを保証していません。

登記の記載事項を信頼して土地を購入し、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合は、土地に対する所有権を取得することができません。

コメント