マイクロファイナンスに投資するネクストシフトファンド【社会貢献】

銀行 証券

ネクストシフト株式会社が運営する「ネクストシフトファンド」は、貧困や環境、地方創生いった社会的な課題解決のために投資を行うソーシャルレンディング事業者です。

従来、社会的インパクト投資は機関投資家などが行っていましたが、ネクストシフトファンドは個人で小口から社会インパクト投資ができるような機会を提供しています。

マイクロファイナンス

マイクロファイナンスとは、開発途上国の貧困層に対して小口融資を提供することで、経済的自立をサポートするサービスです。

バングラデシュで農村の貧困者に少額の融資を始めたグラミン銀行が、マイクロファイナンスの代表例と言えます。その取り組みが評価されて、2006年にグラミン銀行がノーベル平和賞を受賞したことで、マイクロファイナンスが世界中に普及していきました。

マイクロファイナンスはNPOやNGOが寄付で行っていることもありますが、グラミン銀行は金利を取る融資ビジネスとして事業を行っています。ネクストシフトファンドも資金ニーズのある先に融資して、金利を受け取り、契約期間が満了したら融資資金の回収を行っています。

マイクロファイナンスのサービス提供先は新興国であることがほとんどです。先進国は超低金利ですが、新興国は先進国より金利が高いことが一般的です。

マイクロファイナンスの金利はサービスを提供する国や対象によってさまざまですが、先進国の金利水準からみると、高い水準で金利が設定されているケースが多い傾向にあります。

ネクストシフトファンドのファンド

ネクストシフトファンドでは、次のファンドを募集・運用しています。

ファンド名目標利回り運用予定期間
ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド7号年率7.20%13か月
ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド5号年率7.20%13か月
ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド3号年率7.20%13か月

ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド

「ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド」は、ジョージア、カンボジアのマイクロファイナンス機関へそれぞれ融資を行います。

融資先マイクロファイナンス機関は借入金を原資として、各国内で農家や中小企業向けにローンを行います。

両国は共通してドル建てのローン(ジョージアは現地通貨ジョージアラリまたは米ドル建て)、高利回り、低不良債権率、監督省庁の強いガバナンスが特徴となっています。また両社は過去に貸倒れ実績はなく、安定した高いリターンを期待できます。

ネクストシフトファンドについて詳しくは下記の公式サイトをご確認ください。

≫ 社会的インパクト投資ファンド|【公式】ネクストシフトファンド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント