ひふみワールド 日本を除く世界の株式に投資するアクティブ投資信託

ひふみ 証券

ひふみワールドは、日本を除く世界の株式を投資対象としてアクティブ運用する投資信託です。ひふみ投信などで有名なレオス・キャピタルワークスが販売しています。この記事では、本投信の評価や評判をご紹介します。

ひふみワールド

レオス・キャピタルワークスは「ひふみ投信」という人気の投資信託を運用していました。ひふみ投信は当初は国内株だけで運用していたのですが、人気が出過ぎたため、国内株だけで運用するのが難しくなり、海外株も組入れるようになった経緯があります。

海外株の運用経験をもとに、日本を除く世界の株式に投資する「ひふみワールド」が新たに設定されました。

ひふみワールドは、日本を除く世界各国の株式等に投資することにより、信託財産の長期的な成長を目指す投資信託です。

アクティブ運用なのでベンチマークはありませんが、MSCI All Country Asia ex Japan Indexを参考ベンチマークとしています。

ひふみワールドの概要
項目内容
投資対象地域グローバル(日本を除く)
決算頻度年1回(毎年2月15日)
投資形態ファミリーファンド
為替ヘッジなし
購入時手数料なし
信託財産留保額なし
信託報酬年率1.48%(税別)
信託期間無期限
委託会社レオス・キャピタルワークス

ひふみワールドでは、原則として為替ヘッジを行いません。為替リスクが存在し、ファンドの基準価額に影響を与えます。

YouTubeのレオス・キャピタルワークス公式チャンネルで、ひふみワールドの説明動画を観ることができます。

ひふみワールド コンセプトムービー

信託報酬の一部が還元される

ひふみワールドは「資産形成応援団」という信託報酬一部還元方式を採用しています。

5年以上保有されている受益権に係る信託報酬の一部を、委託会社であるレオス・キャピタルワークスが受益権の買付に充当することによって、投資家に還元されます。

長期保有する投資家が多ければ、それだけでファンドの基準価額の上昇要因となります。

資産形成応援団の還元率
期間還元率
当初買付から5年間0.00%
当初買付5年経過後から10年経過まで0.10%
当初買付から10年経過後0.25%

つみたてNISA

ほぼすべての株式や投資信託が利用できるNISA(少額投資非課税制度)とは異なり、つみたてNISAは利用できる投資信託が金融庁によって指定されています。

具体的には、次の条件が挙げられています。

つみたてNISAの条件
項目条件ひふみワールド
販売手数料なしなし
信託報酬率1.5%以下1.48%
信託期間無制限または20年以上無期限
分配頻度毎月でないこと年1回
ヘッジ目的以外のデリバティブ取引なしなし

つみたてNISAでは、信託報酬率が1.5%以下であることが条件とされています。ひふみワールドの信託報酬は年率1.48%(税抜)であるため、金融庁の基準に合致しています。

そのため、いずれ金融庁から「つみたてNISA対象商品」として、ひふみワールドが指定されることになるでしょう。

つみたてNISAの対象商品について詳しくは、次の記事をご覧ください。

関連記事 つみたてNISAの対象商品

ひふみワールドの評判

人気ファンド「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの新ファンドということで、その評判も期待が高いものが多いようです。

ひふみワールドの評価

ひふみワールドの信託報酬は年率1.48%(税抜)です。

株価指数に連動する成果を目指すパッシブ運用のインデックスファンドと比べると、手数料が割高という印象を受けます。ひふみワールドだけでなく、アクティブ運用の投資信託はパッシブ運用の投資信託と比べて信託報酬が高いのが一般的です。

単純にコストで比較できるインデックスファンドとは異なり、アクティブ運用の投資信託は実績で判断することが重要です。

しかし、ひふみワールドは2019年10月8日から運用を開始するので、まだ実績を判断できません。構成銘柄も分からないので、まだ様子見した方がよいでしょう。

販売会社

レオス・キャピタルワークスが「ひふみワールド」を直接販売しています。楽天証券など、ほかの金融機関では販売していません。

ひふみワールドを購入するには、レオス・キャピタルワークスに口座を開設する必要があります。

ひふみワールドの積立

レオス・キャピタルワークスでは、投資信託を積立投資できるサービスを行っています。積立投資には次の2種類があります。

  • 毎月同額つみたて
  • 自由つみたて

「毎月同額つみたて」では、毎月決まった金額を投資信託で積立できます。

「自由つみたて」では「いつ」、「いくら」引き落とすかを自由に設定できます。ただし、1回の引き落としの最低金額は1,000円、1年に1回以上の引き落としの設定が必要です。

レオス・キャピタルワークスの投資信託については、次の記事もご覧ください

関連記事 ひふみ投信

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント