株価純資産倍率(PBR)とは

証券

株価純資産倍率(PBR)とは、株価が1株当たりの株主資本の何倍かを表わした指標です。わかりやすく言うと、現在の株価が割安か割高かを判断する目安になります。この記事では、PBRの意味や計算方法を紹介しています。

PBRとは

株価純資産倍率(PBR: Price Book-Value Ratio)とは、現在の株価が割高か割安かを判断する指標です。

株価純資産倍率(PBR)が1.0未満の企業は、すべての株式を買い占めて資産を売却し、負債(借金)を返済しても、お金がまだ手元に残るという状態を表します。つまり、会社の資産価値よりも株式が安いということになります。そのため、PBRが1.0未満の会社は買収対象として狙われやすくなります。

株価純資産倍率(PBR)が1.0未満の株式は割安なのですが、損失を出し続けて資産を食いつぶすであろうと投資家から見なされている状態ともいえます。

PBRが高い企業は、持っている資産から比べると割高なのですが、投資家たちから資産以上の価値があると見なされている状態ともいえます。

PBRの計算

株価純資産倍率(PBR)は、次の式で求められます。

PBR = 株価 ÷ 1株あたり株主資本

BPS

1株あたり株主資本(BPS: Book-Value Per Share)は、次の式で求められます。

BPS = 株主資本 ÷ 発行済み株式数

株価の指標については、次の記事もご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント