dポイントで手軽に投資が始められる「dポイント投資」

dポイントカード 証券

「dポイント投資」とは、NTTドコモのポイントサービス「dポイント」のポイントを投資信託で運用するサービスです。

dポイントとは

dポイントとは、NTTドコモが運営しているポイントプログラムサービスです。NTTドコモの携帯を契約していなくても、誰でもポイントを貯めたり使ったりできます。貯めたdポイントは、d払いでお買いものに使ったり、dポイント投資で資産運用できます。

dポイント投資

dポイントを100ポイント単位で「運用ポイント」に交換すると、運用ポイントが投資信託の基準価額に連動して、日々増減します。運用ポイントは1ポイント単位でいつでもdポイントに交換(引き出し)可能です。

ポイントの運用方法には2種類あり、株式に比重を置いて高いリターンを目指す「アクティブコース」と、債券に比重を置いて安定したリターンを目指す「バランスコース」のどちらかを選びます。

投資したポイントは、株式会社お金のデザインの投資信託で運用されます。

投資信託とは、投資家から集めたお金をプロの運用者(ファンドマネージャ)が運用する仕組みです。最近では人工知能(AI)が運用する投資信託もあります。

dポイント投資では、ポイント資産をロボアドバイザーのTHEO(テオ)で運用します。具体的には、次の3つのうちいずれかの投資信託で運用します。

  • THEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)
  • THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)
  • THEOグロース・ファンド(世界の株式中心)

dポイント投資のメリット

証券会社で投資信託を始めるには、本人確認書類を提出したり、マイナンバーを登録するなど面倒な手続きがあります。dポイント投資ではどちらも不要で、すぐに投資を始められます。

dポイントには有効期限がありますが、ポイント投資している間は有効期限切れになることはありません。

dポイント投資のデメリット

dポイント(期間・用途限定)はdポイント投資で運用できません。

THEOとは

THEO(テオ)とはロボアドバイザーによって適切な上場投資信託(ETF)で資産運用できる、おまかせ投資サービスです。

ロボアドバイザーのTHEO(テオ)について詳しくは次の記事をご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント