エネルギー事業に投資するMLP(Master Limited Partnership)

MLP(Master Limited Partnership)とは、エネルギー事業を収益源とする共同投資事業体です。

MLPが主な投資対象としている原油や天然ガスのパイプラインや貯蔵施設といったエネルギーインフラ関連事業の収益は、エネルギー関連事業の中でも資源価格や景気の変動の影響を受けにくいとされています。

MLPは総所得の90%以上を天然資源の探査・採掘・精製・運搬・備蓄などから得るなどの条件を満たすことにより、米国では法人税が免除されます。いわばREIT(不動産投資信託)のエネルギー版です。REITやBDCなどと同様に、ニューヨーク証券取引所やナスダックで取引されています。

指数

S&P MLP指数は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場するMLPなどのうち、GICS(世界産業分類基準)においてエネルギーセクターまたは公益事業セクターのガス産業に属する銘柄を対象とした、浮動株調整後の時価総額加重を基本とする指数です。

投資信託

MLPを投資対象とするファンドには次のものがあります。

  • インデックスファンドMLP
  • 米国エネルギーMLPオープン
  • GS MLPインフラ関連証券ファンド

インデックスファンドMLP

インデックスファンドMLPには、決算頻度の異なる2種類のファンドがあります。

  • インデックスファンドMLP(毎月分配型)
  • インデックスファンドMLP(1年決算型)

運用会社:日興アセットマネジメント

信託報酬:年0.75%(税抜)

購入時手数料:あり(証券会社により異なる)

ベンチマーク:S&P MLP 指数(円換算ベース)

米国エネルギーMLPオープン

米国エネルギーMLPオープンには、為替ヘッジの有無が異なる2種類のファンドがあります。

  • 米国エネルギーMLPオープン (毎月決算型)為替ヘッジあり
  • 米国エネルギーMLPオープン (毎月決算型)為替ヘッジなし

愛称:エネルギー・ラッシュ

運用会社:三菱UFJ国際投信

信託報酬:年1.08%(税抜)

購入時手数料:あり(証券会社により異なる)

ベンチマーク:なし

GS MLPインフラ関連証券ファンド

GS MLPインフラ関連証券ファンドは決算頻度の異なる2種類のコースがあります。

  • GS MLPインフラ関連証券ファンド(毎月決算コース)
  • GS MLPインフラ関連証券ファンド(年2回決算コース)

愛称:ザ・シェール

運用会社:ゴールドマンサックス アセットマネジメント

信託報酬:年1.73%(税抜)

購入時手数料:あり(証券会社により異なる)

ベンチマーク:なし

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)