2018年度 投資信託(ファンド)人気ランキング

資産運用

ファンド(投資信託)は種類が多く、ファンド選びに迷ってしまう方も多いと思います。

そんなとき、他の人たちはどんな投資信託を買っているか気になりませんか?

この記事を読めば、2018年度上半期に実際に購入された資金流入上位ファンドのベスト20がわかります。

投資信託(ファンド)人気ランキング

2018年度上半期の資金流入上位ファンドは次のとおりです。

投資信託ランキング
#ファンド分類資金流入額
1次世代通信関連 世界株式戦略ファンド先進国株式1,796億円
2フューチャー・バイオテック先進国株式1,450億円
3グローバル・ハイクオリティ成長株式F(年2回・ヘッジなし)先進国株式1,190億円
4グローバル・ハイクオリティ成長株式F(為替ヘッジなし)先進国株式1,108億円
5netWIN GSインターネット戦略F(為替ヘッジなし)先進国株式1,088億円
6アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 D先進国株式1,062億円
7東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)複合資産919億円
8アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 C先進国株式847億円
9GS社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09先進国債券840億円
10ワールド・フィンテック革命ファンド(為替ヘッジなし)先進国株式735億円
11スマート・ファイブ(毎月決算型)複合資産719億円
12ひふみプラス国内株式680億円
13グローバル・モビリティ・サービス株式F(1年決算型)先進国株式645億円
14netWIN GSインターネット戦略F(為替ヘッジあり)先進国株式612億円
15日本厳選割安株ファンド2018-04(繰上償還条件付)国内株式609億円
16グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回)先進国株式597億円
17UBS中国新時代株式ファンド(年1回決算型)新興国株式596億円
18三井住友・げんきシニアライフ国内株式539億円
19未来イノベーション成長株ファンド先進国株式472億円
20東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)複合資産420億円

ファンドPick up

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド

次世代通信関連世界株式戦略ファンドは三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するファンド・オブ・ファンズ型の投資信託で、「THE 5G」という愛称が付けられています。

世界の次世代通信関連企業の株式に投資していて、組入上位10銘柄は次のとおりです。

  1. アナログ・デバイセズ
  2. PTC
  3. アリババ・グループ・ホールディング
  4. TモバイルUS
  5. TDK
  6. SKハイニックス
  7. ネットアップ
  8. キーサイト・テクノロジーズ
  9. モトローラ・ソリューションズ
  10. メディアテック

フューチャー・バイオテック

フューチャー・バイオテックは三井住友AMが運用するファンド・オブ・ファンズ型の投資信託で、2018年に新規設定されました。

新規設定されたファンドは金融機関も力を入れて販売するので、その点は割り引いて考える必要があります。

世界のバイオテクノロジーおよび医療機器関連の株式に投資していますが、米国が90%以上を占めているので、実質的にアメリカ株に投資するファンドになっています。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド

グローバル・ハイクオリティ成長株式はアセットマネジメントOneが運用する投資信託で、「未来の世界」という愛称が付けられています。

既に存在していた「為替ヘッジなし」に加えて、「年2回・ヘッジなし」が2018年に新規設定されました。

世界の成長株を投資対象としていて、組入上位10銘柄は次のとおりです。

  1. アマゾン・ドット・コム
  2. マスターカード
  3. フェイスブック
  4. DSV A/S
  5. ブッキング・ホールディングス(Booking.com)
  6. VISA
  7. アルファベット(Googleの親会社)
  8. モンクレール
  9. RECKITT BENCKISER
  10. エルメス

newWINゴールドマン・サックス インターネット戦略ファンド

ランキング上位ファンドのほとんどは2010年以降に設定された新しめの投資信託ですが、newWINゴールドマン・サックス インターネット戦略ファンドは1999年に設定された投資信託で、いまだに根強い人気を誇るファンドです。

ゴールドマン・サックス・アセットマネジメントが運用するファンドで、米国を中心とした「インターネット・トールキーパー」企業の株式に投資しています。

組入上位10銘柄は次のとおりです。

  1. アマゾン・ドット・コム
  2. マイクロソフト
  3. フェイスブック
  4. アップル
  5. アルファベット(クラスC)
  6. アルファベット(クラスA)
  7. マーベル・テクノロジー・グループ
  8. オラクル
  9. アドビシステムズ
  10. アンフェノール

アルファベット(Googleの親会社)にはクラスCとクラスAという2種類の株式があり、クラスCは議決権なし、クラスAは議決権ありという違いがあります。ただし、株価はほぼ同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント