顧客が儲かっている証券会社・銀行ランキング【2020年】投資信託編

ランキング証券

証券会社や銀行などの金融機関のうち、儲かっている客が多いのはどこなのか興味がありませんか?

どこも大差ないだろうと考えがちですが、実際には金融機関によって凄まじい格差があることが明らかになりました。

顧客が儲かっている証券会社・銀行ランキング

投資信託を購入した顧客のうち、どのくらいの割合が利益を得たのかなどを明らかにするために、金融機関向けに定めた「比較可能な共通指標(KPI)」について、金融庁が2020年5月28日に分析結果を公表しました。

投資信託を販売する金融機関のうち、380社が運用損益別の顧客の割合を開示しました。

ネット証券と投信直販

投資信託を購入した顧客のうち、何割が利益が出ているかを示したランキングは次のとおりです。

その他事業者
順位金融機関割合
1セゾン投信98%
2ありがとう投信95%
3住まいと保険と資産管理89%
4財コンサルティング89%
5FPブレーン88%
6グローバー・アセット・マネジメント87%
7コモンズ投信84%
8鎌倉投信82%
9フィデリティ証券78%
10第一生命保険76%
11楽天証券75%
12auカブコム証券75%
13GAIA73%
14アスユー73%
15FPフローリスト71%
16SBI証券71%
17ブロードマインド70%
18岡三オンライン証券58%
19GMOクリック証券55%
20アイ・コーポレーション46%
21レオス・キャピタルワークス45%

出典:「顧客本位の業務運営」の取組成果の公表状況(2020)金融庁

その他事業者のほとんどは、全業態平均である66.2%を超えています。対面証券や銀行と比べて、たいへん好成績です。

これには次の理由が考えられます。

  • 営業マンのすすめではなく自分で商品選びをしている
  • 自社系列の投信会社だけでなく幅広い商品ラインナップを揃えている
  • 回転売買が少なく積立投資の割合が多い

ネット証券や投信直販を利用するような層はファイナンシャル・リテラシーが高いと考えられるので、それが好成績につながっているのでしょう。

1位のセゾン投信では、実に顧客の98%もの方が利益を出しています。逆に2%しかいない損失を出している人の立場は・・・

セゾン投信は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」や「セゾン資産形成の達人ファンド」など、人気の投信を直販している会社です。つみたてNISAにも対応しているので、積立投資に最適です。

レオス・キャピタルワークスは看板商品である「ひふみ投信」が売上の大半を占めているため、ひふみ投信の成績に左右されやすい構造になっています。過去には1位だったときもあるのですが、今回は最下位になってしまいました。

対面証券

対面営業を主とする証券会社行で投資信託を購入した顧客のうち、何割が利益が出ているかを示したランキングは次のとおりです。

対面証券
順位金融機関割合
1野村證券80%
2大万証券79%
3丸三証券77%
4PWM日本証券76%
5中原証券75%
6証券ジャパン75%
7三津井証券71%
8木村証券69%
9岩井コスモ証券69%
10IS証券68%
11みずほ証券66%
12中銀證券65%
13SMBC日興証券64%
14むさし証券64%
15大和証券64%
16アーク証券63%
17永和証券62%
18東海東京証券62%
19益茂証券62%
20長野證券62%
21三木証券60%
22静銀ティーエム証券59%
23めぶき証券58%
24いちよし証券58%
25百五証券58%
26ちばぎん証券57%
27山形證券57%
28エース証券57%
29リテラ・クレア証券57%
30丸八証券55%
31エイチ・エス証券54%
32東洋証券54%
33岡三にいがた証券54%
34極東証券53%
35北洋證券52%
36三菱UFJモルガン・スタンレー証券51%
37寿証券50%
38浜銀TT証券50%
39ごうぎん証券50%
40内藤証券50%
41光証券50%
(以下略)

出典:「顧客本位の業務運営」の取組成果の公表状況(2020)金融庁

対面証券で全業態平均である66.2%を超えているのは、10社しかありません。大半が平均値以下の成績です。

銀行

銀行で投資信託を購入した顧客のうち、何割が利益が出ているかを示したランキングは次のとおりです。

銀行
順位金融機関割合
1山口銀行83%
2スルガ銀行82%
3ソニー銀行80%
4北九州銀行79%
5オリックス銀行78%
6北陸銀行77%
7南日本銀行77%
8東邦銀行76%
9ゆうちょ銀行76%
10SMBC信託銀行75%
11埼玉りそな銀行75%
12もみじ銀行74%
13東和銀行74%
14福井銀行74%
15りそな銀行73%
16山陰合同銀行73%
17足利銀行73%
18鹿児島銀行72%
19八十二銀行72%
20新生銀行71%
21大東銀行71%
22きらやか銀行71%
23みずほ銀行70%
24みずほ信託銀行70%
25岩手銀行70%
26東北銀行70%
27大垣共立銀行70%
28静岡銀行69%
29東京スター銀行69%
30七十七銀行69%
31名古屋銀行68%
32三菱UFJ銀行68%
33ジャパンネット銀行68%
34十六銀行68%
35佐賀共栄銀行68%
36山形銀行67%
37豊和銀行67%
38福島銀行67%
39阿波銀行67%
40長野銀行66%
(以下略)

出典:「顧客本位の業務運営」の取組成果の公表状況(2020)金融庁

総じて銀行で投資信託を購入した人はあまり儲かっていない傾向があります。

これは各販売会社における投資信託のコスト・リターンを見てみれば明らかです。銀行でおもに販売している投資信託は、高コスト・低リターンの傾向がはっきりと表れています。信用金庫や対面証券会社も同様です。

一方で各販売会社における投資信託のリスク・リターンを見てみると、銀行でおもに販売している投資信託はローリスク・ローリターンのものが多くなっています。

「ハイリスク・ハイリターンで高コスト」や「ローリスク・ローリターンで低コスト」なら分かるのですが、銀行ではローリスク・ローリターンの投信を高コストで販売していることになります。

つまり、銀行は投資信託のラインナップの筋が悪いということです。


投資信託セゾン投信 長期投資 

コメント