三重県令和2年度第1回公募公債が2020年12月25日に発行します

三重県債券

三重県が地方債「三重県令和2年度第1回公募公債」を2020年12月25日に発行します。この記事では本債券の概要と買い方をご紹介します。

概要

三重県が発行する地方債の概要は次のとおりです。

名称三重県令和2年度第1回公募公債
期間10年
利率0.125%
発行日2020年12月25日
利払日毎年6月25日と12月25日
償還日2030年12月25日
発行価格額面100円につき100円
申込単位1万円
発行総額100億円
販売期間2020年12月7日~2020年12月16日

三重県市場公募公債とは

三重県市場公募公債とは、三重県が発行する債券で、利子や元本は三重県が支払います。

三重県は過去に次の三重県債を発行しています。

三重県債の発行実績
回号年限利率
令和元年度第1回10年0.110%
平成30年度第1回10年0.195%
平成29年度第1回10年0.210%
平成28年度第1回10年0.165%
平成27年度第1回10年0.464%
平成26年度第1回10年0.456%
平成25年度第1回10年0.655%
平成24年度第1回10年0.801%
平成23年度第1回10年1.021%

利率

三重県令和2年度第1回公募公債の利率は年0.125%(税引前)です。金利は元本償還まで変動のない固定利率です。年2回利子が支払われ、10年後の満期には元本と最終利子が支払われます。

直近に発行された他の地方債と比べると、三重県令和2年度第1回公募公債の利率は低めです。

地方債の利率
地方債期間利率
佐賀県令和2年度第1回公募公債10年0.135%
静岡市令和2年度第1回公募公債10年0.140%
令和2年度第1回相模原市公募公債10年0.130%
第60回川崎市5年公募公債10年0.020%

中途換金できる

三重県令和2年度第1回公募公債は、満期前でも売却して換金することができます。ただし、債券の価格は日々変動していますので、金利の上昇等による債券価格の下落や発行体の信用状況の悪化および発行体に対する外部評価の変化等により投資元本を割り込む場合があります。

三重県

三重県令和2年度第1回公募公債の発行体(債券の発行元)は三重県です。

三重県の歳入総額は7,330億円で、このうち県債は1,188億円(16.2%)を占めています。

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく、令和元年度決算における健全化判断比率は次のとおりです。

三重県の健全化判断比率
項目令和元年度決算早期健全化基準
実質赤字比率黒字3.75%
連結実質赤字比率黒字8.75%
実質公債費率13.4%25.0%
将来負担比率184.7%400%

出典:三重県(2020)「令和2年度第2回三重の財政

販売会社

次の金融機関で三重県令和2年度第1回公募公債を販売しています。

地方債について詳しくは次の記事をご覧ください。

地方債とは?わかりやすく簡単に説明します
地方債とは、簡単に言うと都道府県や市町村が税収不足を借金で補うために発行する債券です。この記事では、地方債のあらましや種類、利率、購入方法をわかりやすく紹介します。

三重県債に関して詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

公式 三重県債IR情報

債券
スポンサーリンク
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント