福岡市2021年度第2回公募公債(5年)が2021年6月28日に発行されます

福岡市債債券
福岡市債

福岡市が地方債「福岡市2021年度第2回公募公債(5年)」を2021年6月28日に発行します。この記事では、福岡市債のメリットや金利、購入方法を紹介します。

福岡市2021年度第2回公募公債

福岡市債が発行する地方債の概要は次のとおりです。

福岡市債の概要
名称福岡市2021年度第2回公募公債
期間5年
利率年率0.010%(税引前)
発行日2021年6月28日
利払日毎年6月28日と12月27日(年2回)
償還日2026年6月26日
発行価格額面100円につき100円
申込単位1万円単位
格付A1(ムーディーズ・ジャパン)
募集期間2021年6月10日~2021年6月22日
発行額100億円

金利

福岡市2021年度第2回公募公債(5年)の金利は、年率0.010%(税引前)です。

毎年6月28日と12月28日の年2回、金利が支払われます。

メリット

地方債は国から発行の同意が必要で、財政状況が一定以上悪くなった場合には発行ができない仕組みになっています。

なお、そういった事態が生じた場合でも、国が予算編成に関与し、優先して元利金を償還させる仕組みとなっています。

福岡市債の購入

次の金融機関で福岡市2021年度第2回公募公債(5年)を購入できます。

福岡銀行

福岡銀行では次の地方債を購入することができます。

福岡銀行の窓口で福岡市2021年度第2回公募公債(5年)を購入することができます。インターネットバンキングでは購入することができません。

福岡市債とは

福岡県福岡市

福岡市債とは、住みよい街づくりの財源とするために福岡市が発行する債券です。

公共施設の建設などには、一時的に多額の資金が必要となります。建設費をその年度に一括して負担すると、当年度の財政負担が大きくなり、他の事業や市民サービスなどの実施に影響が出てしまいます。

このため、企業が資金調達のために発行する社債と同じように福岡市債を発行して借入を行います。長期間にわたって毎年度一定額を返済することで、福岡市の財政負担を平均化して、市税などの収入(財源)を有効活用しています。

社債は個人向けと機関投資家向けに分かれていますが、福岡市債は個人・法人にかかわらず誰でも購入できます。また、福岡市内に住んでいない方でも購入できます。

福岡市債の発行実績

福岡市は過去に次の5年債を発行しています。

福岡市が発行した5年債
発行年月年限表面利率発行価格
2021年4月5年0.010%100円
2020年12月5年0.010%100円
2020年6月5年0.020%100円
2019年12月5年0.001%100円
2019年6月5年0.010%100円
2018年12月5年0.020%100円
2018年9月5年0.030%100円
2018年6月5年0.030%100円
2017年12月5年0.030%100円
2017年9月5年0.020%100円
2017年6月5年0.010%100円
2016年9月5年0.001%100円
2016年6月5年0.005%100円
2015年12月5年0.101%100円
2015年9月5年0.141%100円
2015年6月5年0.177%100円
2014年12月5年0.102%100円
2014年9月5年0.173%100円
2014年6月5年0.209%100円
2013年12月5年0.240%100円
2013年9月5年0.310%99円99銭
2013年7月5年0.350%99円99銭
2012年12月5年0.190%99円98銭
2012年9月5年0.250%99円99銭
2012年6月5年0.250%99円99銭
2011年12月5年0.400%99円97銭
2011年8月5年0.392%99円99銭
2011年6月5年0.470%99円98銭

福岡市は過去に次の10年債を発行しています。

福岡市が発行した10年債
発行年月年限表面利率発行価格
2021年3月10年0.224%100円
2020年10月10年0.135%100円
2020年3月10年0.050%100円
2019年10月10年0.050%100円
2019年3月10年0.150%100円
2018年10月10年0.289%100円
2018年3月10年0.200%100円
2017年10月10年0.205%100円
2017年3月10年0.205%100円
2016年10月10年0.060%100円
2016年3月10年0.120%100円
2015年10月10年0.476%100円
2015年3月10年0.465%100円
2014年10月10年0.539%100円
2014年3月10年0.660%99円91銭
2013年10年10年0.680%99円96銭
2013年3月10年0.680%99円93銭
2012年10月10年0.800%99円99銭
2012年3月10年1.010%100円
2011年10月10年1.000%99円94銭
2011年9月3年0.250%100円

福岡市は過去に割引債(発行価格が100円未満)を発行したことがありますが、近年は発行されていません。

福岡市債の発行計画

福岡市は今後も市債の発行を計画しています。

2021年度における福岡市債の発行計画は、次のとおりです。

2021年度福岡市債の発行計画
発行年月発行額満期
2021年4月100億円5年
2021年6月100億円5年
2021年10月100億円10年
2021年12月100億円5年
2022年3月100億円10年

リスク

債券は発行体が破綻すると価値がゼロとなり、償還時に元本が戻ってこないデフォルト(債務不履行)となるリスクがあります。

地方公共団体の破綻は民間企業よりも稀なため、デフォルトのリスクは社債よりも低くなっています。

格付け

福岡市債は、ムーディーズ・ジャパンから、日本国債と同じA1の格付けが付与されています。

格付け「Baa」以上が投資適格とされています。

ムーディーズ・ジャパンによる格付事由は次のとおりです。

福岡市の格付A1は、日本政府(A1、安定的)と地方自治体の強い結び付きにより、両者の格付は同水準であるというムーディーズの見方を反映している。

日本政府の地方財政への強い関与、また地方交付税に代表される財政調整制度により、地方自治体レベルでのクレジットの課題は、早い段階で対処されよう。また、地方自治体が流動性の不足に直面した場合、日本政府が支援を提供する可能性は非常に高いと想定される。

福岡市の格付は、強固かつ多角化された経済、堅調に推移する歳入と歳出管理による高い財政パフォーマンスの一方、緩やかに改善してはいるものの高い債務水準も考慮している。

出典:ムーディーズ・ジャパン(2020)「CREDIT OPINION」

格付について詳しくは次の記事をご覧ください。

格付とは? 格付会社の信用格付で社債が投資適格かどうかが分かる!
格付とは企業の財務内容や業績を分析して、借金を返済する能力を記号で表わしたものです。この記事では格付の意味や格付会社の特徴を紹介しています。これを見れば個人向け社債の投資判断に役立ちます。

福岡市債について、詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

公式 福岡市 市債のご案内

地方債について詳しく知りたい方は、次の記事もご覧ください。

地方債とは?わかりやすく簡単に説明します
地方債とは、簡単に言うと都道府県や市町村が税収不足を借金で補うために発行する債券です。この記事では、地方債のあらましや種類、利率、購入方法をわかりやすく紹介します。
債券
スポンサーリンク
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント