SMBC日興証券

SMBC証券

SMBC日興証券は、業界大手の証券会社のひとつです。この記事では、日興証券の特徴や提供しているサービスについてご紹介します。

SMBC日興証券の口座には2つのコースがある

SMBC日興証券には「総合コース」と「ダイレクトコース」という2つのコースがあり、口座開設時にどちらかを選びます。

安い手数料で取引したいならダイレクトコース

ダイレクトコースとは、インターネットを通じてパソコンやスマホで取引するコースです。

総合コースと比べて株式取引手数料などが安いうえ、ダイレクトコース限定サービスもあるので、通常はダイレクトコースを選ぶとよいでしょう。

社債などを取引したいなら総合コース

総合コースとは、支店の窓口や電話にて対面取引するコースです。基本的には、ネットに不慣れな人を対象としています。

ただし、ネットに慣れている方であっても、総合コースを選択したほうが良い場合があります。それは、個人向け社債を購入したい場合です。

SMBC日興証券は、大和証券と並んで個人向け社債の取り扱いが多い証券会社です。この点においては、野村證券すら上回っています。

SMBC日興証券で社債を取り扱う場合、総合コース限定で販売ということが多いです。ダイレクトコースで社債を取り扱う場合でも、ダイレクトコースだけ先に売り切れるといったことがよくあります。

総合コースが対面取引ならではのメリットとして、正式な募集開始前でも事実上応募できるという裏技(?)もあります。

そのため、個人向け社債の取引きが目的であれば、総合コースを選ぶことをおすすめします。

このあたりの事情について詳しくは、次の記事をご覧ください。

関連記事 社債とは? わかりやすく種類や購入方法を紹介します

IPO優遇特典

ダイレクトコース限定

SMBC日興証券のIPO優遇特典とは、新規公開株式(IPO)を購入できる可能性を優遇するサービスです。

IPOを日興イージートレード経由で申し込んだ場合、同一条件・同一確率の「同率抽選」を行って配分しています。

IPO優遇特典では、同率抽選に当選しなかった応募者を対象として、ステージ別抽選が行われます。

ステージは顧客の預り資産残高や信用取引建玉金額によって4段階に分けられます。

IPO優遇特典・ステージ別抽選
ステージ抽選票数預り資産残高または信用取引建玉金額
ブロンズ1票250万円以上
シルバー5票1,000万円以上
ゴールド15票3,000万円以上
プラチナ25票5,000万円以上

預り資産残高と信用取引建玉金額は、貯金3か月の月末平均残高で判定されます。

新規口座開設3か月以内であれば、預り資産残高に関わらず、ブロンズステージになります。

IPO優遇特典は、ダイレクトコース限定の特典です。総合コースにIPO優遇特典はありません。

AI株式ポートフォリオ診断

SMBC日興証券のAI株式ポートフォリオ診断とは、顧客のリスク許容度を踏まえて、より効率的な運用が期待できるポートフォリオを人工知能(AI)が提案するサービスです。

AI株式ポートフォリオ診断では、ディープラーニングの手法を用いて、決算データや株価データを学習させた株価予測AIが国内株式抒情銘柄の1か月先の期待収益性を予測します。この予測に基づいて、AIが新規ポートフォリオや保有ポートフォリオのリバランスを提案します。

行政処分

SMBC日興証券は、過去に次の行政処分を受けています。

SMBC日興証券が受けた行政処分
年度根拠法令処分の種類
平成23年度金融商品取引法業務改善命令
平成24年度金融商品取引法業務改善命令
平成24年度金融商品取引法業務改善命令

キャンペーン

SMBC日興証券では次のキャンペーンを実施しています。

  • 最大10万円当たる!積立キャンペーン
  • dポイント1500万pt山分けキャンペーン

最大10万円当たる!積立キャンペーン

キャンペーン期間中に「投信つみたてプラン」の各月引落金額10,000円ごとに1口として、毎月抽選で1,111名に最大10万円がプレゼントされます。

キャンペーンは2020年7月1日~10月30日の期間限定です。

dポイント1500万pt山分けキャンペーン

2020年7月1日~9月30日のキャンペーン期間中に、申込フォームからエントリーすると、抽選で総額1,500万ポイントのdポイントが合計3,990名にプレゼントされます。

キャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

公式 総額1500万ptがあたるキャンペーンなどを実施中

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント