楽天証券

楽天 証券

楽天証券は楽天グループ傘下のネット証券です。楽天グループの傘下に入る前は三井住友銀行系のDLJダイレクトSFG証券でした。私もメインの証券会社として使っていて、大口優遇の適用を受けています。

評判

楽天証券はオリコン顧客満足度ランキングのネット証券部門で総合3位を獲得し、評判の良さが伺えます。

とくに「初心者満足度ランキング」と「分析ツール満足度ランキング」は1位で、初心者向けの分かりやすさから上級者向けの分析ツールの使い勝手の良さまで、幅広い層からの支持を受けています。

楽天証券のポイント

楽天証券でさまざまな取引を行うと、楽天スーパーポイントが貯まります。楽天銀行のハッピープログラムを併用すると、さらに楽天スーパーポイントが貯まります。

投資信託の残高10万円ごとに、毎月楽天スーパーポイントが4ポイント獲得できます。

楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託(ファンド)を購入することができます。投資信託の購入金額の全額を楽天スーパーポイントで支払うこともできますし、投資信託の購入金額の一部を楽天スーパーポイントで支払うこともできます。ただし、特定のキャンペーンで付与される「期間限定ポイント」は、投資信託の購入または購入金額の一部に充てることはできません。

楽天市場のSPUでポイント+1倍に

楽天グループのサービスを利用すると、楽天市場でのお買い物がポイントアップするSPU(スーパーポイントアップ)という制度があります。

このSPUに平成30年9月から楽天証券が加わりました。

楽天証券のサービスを利用してSPUの対象になるには、次の条件を満たす必要があります。

  • 月1回500円以上のポイント投資
  • 楽天証券で楽天スーパーポイントコースを設定

上記の条件を満たすと、楽天市場で商品を購入したときにもらえるポイントが+1倍になります。

楽天市場では通常100円のお買い物ごとに1ポイントが付きますが、楽天証券で月1回500円以上のポイント投資をすると、100円のお買い物で2ポイント付与されるようになります。

楽天証券のSPUでは、ポイント投資の注文月の翌月15日頃に、その翌月末日23:59まで有効な期間限定ポイントとして付与されます。

毎月の獲得上限ポイントは5,000ポイントで、50万円購入分までが+1%の対象となります。

投資信託

楽天証券が取り扱う投資信託のラインナップは非常に豊富で、2,500種類以上もあります。(平成30年5月時点)

新たに登場するインデックスファンドは、まず楽天証券とSBI証券から販売を開始するということもしばしばあります。

ただ数が多いだけでなく、「投信スーパーサーチ」とう投資信託の検索ツールで「トータルリターン」や「買付ランキング」など、さまざまな条件を指定して投資信託を検索することができます。

多くの証券会社は投資信託の最低購入金額が10,000円ですが、楽天証券は投資信託を100円から購入することができます。スポット購入でも、積み立て購入でも、100円以上1円単位で購入することができます。

楽天カードで決済できてポイントも貯まる

投信積立を楽天カードクレジット決済にすると、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天カードクレジット決済について詳しくは次の記事をご覧ください。

楽天証券で投資信託積立の楽天カード決済が開始【ポイントも付く】
楽天証券で投資信託の積立に楽天カードによるクレジット決済ができるようになりました。 楽天証券の楽天カードクレジット決済とは 楽天証券の投資信託積立の引き落とし方法に、新たに「楽天カードクレジット決済」が加わりました。 もともと「楽...

楽天証券の手数料

楽天証券の国内株取引手数料には2つのコースから選ぶことができます。

  • 超割コース
  • いちにち低額コース

超割コース

超割コースは1回の取引ごとに手数料がかかります。

手数料の1%が楽天スーパーポイントでポイントバックされます。

取引金額手数料(税別)
通常大口優遇
5万円まで50円0円
10万円まで90円0円
20万円まで105円100円
50万円まで250円238円
100万円まで487円426円
150万円まで582円509円
3,000万円まで921円806円
3,000万円超973円851円

いちにち定額コース

いちにち定額コースは、1日の取引金額合計で手数料が決まります。

1日の約定金額合計手数料(税別)
10万円まで0円
20万円まで191円
30万円まで286円
50万円まで429円
100万円まで858円
200万円まで2,000円
300万円まで3,000円
以降、100万円増えるごとに1,080円追加

上場投資信託(ETF)の取引手数料が無料

楽天証券では、次の上場投資信託(ETF)の取引手数料が無料です。

楽天証券で取引手数料無料のETF
ETF運用会社本数
NEXT FUNDS野村アセットマネジメント49本
MAXISシリーズETF三菱UFJ国際投信17本
iシェアーズETF東証上場シリーズブラックロック・ジャパン16本
楽天ETF楽天投信投資顧問2本

合計84本ものETFが、楽天証券では売買手数料無料で取引できます。

NEXT FUNDS ETF

楽天証券では、野村アセットマネジメントが運用する「NEXT FUNDS」シリーズ57銘柄のうち、次の8銘柄を除く上場投資信託(ETF)49銘柄の購入時や売却時にかかる売買手数料が無料で取引できます。

コード銘柄
1306TOPIX上場投信
1321日経225上場投信
1357日経ダブルインバース指数ETF
1470JPX日経400レバレッジ指数ETF
1471JPX日経400インバース指数ETF
1472JPX日経400ダブルインバース指数ETF
1570日経レバレッジ指数ETF
1571日経インバース指数ETF

NEXT FUNDSの銘柄について、詳しくは下記の公式サイトでご確認ください。

iシェアーズETF

「iシェアーズETF」は、世界のETF市場でシェア4割を占める世界ナンバー1ブランドで、ブラックロックグループが運用しています。

売買手数料が無料になるのは、東京証券取引所に上場している「iシェアーズETF」すべてが対象で、現物取引だけでなく信用取引の売買手数料も無料になります。

「iシェアーズETF」シリーズには、次のETFがあります。

分類銘柄コード名称
日本株1329iシェアーズ 日経225ETF
1364iシェアーズ JPX日経400ETF
1475iシェアーズ TOPIX ETF
1477iシェアーズ MSCI日本株最小分散ETF
1478iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETF
1483iシェアーズ JPX/S&P設備・人材投資ETF
先進国株1655iシェアーズ S&P500米国株ETF
1657iシェアーズ・コア MSCI先進国株(除く日本)ETF
新興国株1658iシェアーズ・コア MSCI新興国株ETF
先進国債券1482iシェアーズ 米国債7-10年ETF(為替ヘッジあり)
1496iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(為替ヘッジあり)
1497iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債ETF(為替ヘッジあり)
1656iシェアーズ・コア 米国債7-10年ETF
日本REIT1476iシェアーズ JリートETF
先進国REIT1659iシェアーズ 米国リートETF

楽天ETF

次の楽天ETFは売買手数料がかかりません。

証券コード銘柄
1458楽天ETF – 日経レバレッジ指数連動型
1459楽天ETF – 日経ダブルインバース指数連動型

MAXISシリーズETF

楽天証券では、次のMAXISシリーズETFの取引手数料が無料です。

証券コード銘柄
1344MAXISトピックス・コア30上場投信
1346MAXIS日経225上場投信
1348MAXISトピックス上場投信
1460MAXIS JAPANクオリティ150上場投信
1485MAXIS JAPANN設備・人材積極投資企業200上場投信
1492MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信
1499MAXIS日本株高配当70マーケットニュートラル上場投信
1550MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信
1553MAXIS S&P東海上場投信
1567MAXISトピックスリスクコントロール(5%)上場投信
1574MAXISトピックスリスクコントロール(10%)上場投信
1593MAXIS JPX日経インデックス400上場投信
1597MAXIS Jリート上場投信
1660MAXIS高利回りJリート上場投信
1670MAXIS S&P三菱系企業群上場投信
2517MAXIS Jリート・コア上場投信

楽天証券のつみたてNISA

楽天証券では少額投資非課税制度(NISA)を利用できます。NISAには通常のNISAと「つみたてNISA」の2種類がありますが、楽天証券では「つみたてNISA」がおすすめです。

楽天証券で500円分以上のポイント投資をするとSPU(スーパーポイントアップ)の対象となり、楽天市場のお買い物がポイント+1倍になります。

また、積立を証券口座にして、楽天銀行からスイープ入金すると、1回につき1~3ポイントもらえます。

楽天証券でつみたてNISAを最大限活用するには、次の2種類の積立設定をするのがおすすめです。

引落口座積立タイミング積立金額ポイント利用
楽天カードクレジット決済毎月500円以上利用する
証券口座毎日1円以上

確定申告

楽天証券は確定申告のサポートが豊富です。確定申告に必要な特定口座年間取引報告書だけでなく、年間損益計算・確定申告サポートのために、前営業日時点の特定口座損益や課税額を表示することができます。

楽天証券のアプリ

マーケットスピード

マーケットスピードは楽天証券専用のトレーディングアプリです。今でこそ証券会社のトレーディングアプリは珍しくありませんが、マーケットスピードはDLJダイレクトSFG証券時代からある老舗のツールです。GUIはやや古めかしいデザインですが、機能的にはバージョンアップが続けられています。むしろ長年バージョンアップを重ねてきてもあまり操作方法があまり変わらないため、いったん操作に慣れると使いやすいアプリです。

楽天証券と楽天銀行の連携(マネーブリッジ)

「マネーブリッジ」とは、楽天銀行と楽天証券の口座連携サービスです。

楽天証券で株式や投資信託を購入する場合、通常は次のような手続きをとります。

  1. 「入出金・振替」をクリック
  2. 「リアルタイム入金へ」をクリック
  3. 銀行を選択
  4. 振込入金額を入力
  5. 銀行のユーザIDとパスワードを入力
  6. (銀行によっては)ワンタイムパスワードを入力
  7. 株式や投資信託を購入

マネーブリッジを利用すると、次のような手続きとなります。

  1. 株式や投資信託を購入

預り金が不足している場合は自動入金(スイープ)されるので、いきなり株式や投資信託を購入できるようになります。

私設取引システム(PTS)

東京証券取引所の取引時間は9:00~11:30と12:30~15:00ですが、この時間外でも私設取引システム(PTS)を通じて株式の取引ができます。

楽天証券は次のPTSで取引ができます。

楽天証券のPTS
PTS昼間夜間
ジャパンネクストPTS8:20~16:0016:30~23:59
チャイエックス・ジャパンPTS8:00~16:00なし

楽天証券のキャンペーン

さまざまなキャンペーンが多いのも楽天証券の特徴です。

NISA 口座開設×投信積立キャンペーン

2019年4月19日~9月6日の期間中に楽天証券のNISA口座を開設して、合計5,000円以上取引すると、抽選で300名に3,000ポイントプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

はじめての楽天FXキャンペーン

2019年8月1日~2019年10月1日のキャンペーン期間中に、初めて楽天FXで新規取引をすると、もれなく楽天スーパーポイントが200ポイントもらえます。さらに、抽選で最大10万ポイントもプレゼントされます。

楽天銀行口座開設+自動入出金設定で1,000円プレゼント

2019年7月31日~2019年11月14日のキャンペーン期間中に楽天証券と楽天銀行のマネーブリッジ(自動入出金)登録をすると、もれなく現金1,000円がプレゼントされます。

楽天証券について詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

公式 楽天証券


楽天証券

コメント