楽天証券

楽天証券は楽天グループ傘下のネット証券です。楽天グループの傘下に入る前は三井住友銀行系のDLJダイレクトSFG証券でした。

評判

楽天証券はオリコン顧客満足度ランキングのネット証券部門で総合3位を獲得し、評判の良さが伺えます。

とくに「初心者満足度ランキング」と「分析ツール満足度ランキング」は1位で、初心者向けの分かりやすさから上級者向けの分析ツールの使い勝手の良さまで、幅広い層からの支持を受けています。

楽天スーパーポイント

楽天証券でさまざまな取引を行うと、楽天スーパーポイントが貯まります。楽天銀行のハッピープログラムを併用すると、さらに楽天スーパーポイントが貯まります。

投資信託の残高10万円ごとに、毎月楽天スーパーポイントが4ポイント獲得できます。

楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託(ファンド)を購入することができます。投資信託の購入金額の全額を楽天スーパーポイントで支払うこともできますし、投資信託の購入金額の一部を楽天スーパーポイントで支払うこともできます。ただし、特定のキャンペーンで付与される「期間限定ポイント」は、投資信託の購入または購入金額の一部に充てることはできません。

投資信託

楽天証券が取り扱う投資信託のラインナップは非常に豊富で、2,500種類以上もあります。(平成30年5月時点)

新たに登場するインデックスファンドは、まず楽天証券とSBI証券から販売を開始するということもしばしばあります。

ただ数が多いだけでなく、「投信スーパーサーチ」とう投資信託の検索ツールで「トータルリターン」や「買付ランキング」など、さまざまな条件を指定して投資信託を検索することができます。

多くの証券会社は投資信託の最低購入金額が10,000円ですが、楽天証券は投資信託を100円から購入することができます。スポット購入でも、積み立て購入でも、100円以上1円単位で購入することができます。

手数料

iシェアーズETFの売買手数料が無料

平成30年6月6日から「iシェアーズETF」の売買手数料が無料になります。

「iシェアーズETF」は、世界のETF市場でシェア4割を占める世界ナンバー1ブランドで、ブラックロックグループが運用しています。

売買手数料が無料になるのは、東京証券取引所に上場している「iシェアーズETF」すべてが対象で、現物取引だけでなく信用取引の売買手数料も無料になります。

「iシェアーズETF」シリーズには、次のETFがあります。

分類 銘柄コード 名称
日本株 1329 iシェアーズ 日経225ETF
1364 iシェアーズ JPX日経400ETF
1475 iシェアーズ TOPIX ETF
1477 iシェアーズ MSCI日本株最小分散ETF
1478 iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETF
1483 iシェアーズ JPX/S&P設備・人材投資ETF
先進国株 1655 iシェアーズ S&P500米国株ETF
1657 iシェアーズ・コア MSCI先進国株(除く日本)ETF
新興国株 1658 iシェアーズ・コア MSCI新興国株ETF
先進国債券 1482 iシェアーズ 米国債7-10年ETF(為替ヘッジあり)
1496 iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(為替ヘッジあり)
1497 iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債ETF(為替ヘッジあり)
1656 iシェアーズ・コア 米国債7-10年ETF
日本REIT 1476 iシェアーズ JリートETF
先進国REIT 1659 iシェアーズ 米国リートETF

キャンペーン

さまざまなキャンペーンが多いのも楽天証券の特徴です。

確定申告

楽天証券は確定申告のサポートが豊富です。確定申告に必要な特定口座年間取引報告書だけでなく、年間損益計算・確定申告サポートのために、前営業日時点の特定口座損益や課税額を表示することができます。

マーケットスピード

マーケットスピードは楽天証券専用のトレーディングアプリです。今でこそ証券会社のトレーディングアプリは珍しくありませんが、マーケットスピードはDLJダイレクトSFG証券時代からある老舗のツールです。GUIはやや古めかしいデザインですが、機能的にはバージョンアップが続けられています。むしろ長年バージョンアップを重ねてきてもあまり操作方法があまり変わらないため、いったん操作に慣れると使いやすいアプリです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)