楽天証券で投資信託積立の楽天カード決済が開始【ポイントも付く】

資産運用

楽天証券で投資信託の積立に楽天カードによるクレジット決済ができるようになりました。

楽天証券の楽天カードクレジット決済とは

楽天証券の投資信託積立の引き落とし方法に、新たに「楽天カードクレジット決済」が加わりました。

もともと「楽天カード支払口座からの引落」という引落方法がありましたが、これは楽天カードの支払口座に指定している銀行口座から自動で引落しするもので、楽天カードのポイントは付きませんでした。

新たな「楽天カードクレジット決済」では楽天カード決済額に応じて、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。

しかも期間限定ポイントではなく通常ポイントなので、使い道に制限はありません。

楽天カードについて詳しくは公式サイトをご覧ください。

≫ 楽天カード

楽天カードクレジット決済と楽天カード支払口座からの引落の違い

「楽天カードクレジット決済」と「楽天カード支払口座からの引落」には次のような違いがあります。

楽天カードクレジット決済楽天カード支払口座からの引落
楽天スーパーポイントの付与×
毎月の積立上限額5万円上限なし
最低買付金額100円1,000円
積立指定日毎月1日毎月12日
引落日毎月27日毎月27日
支払い積立後積立前
毎日積立×
ポイント積立×
ボーナス設定×

最低100円から積立

楽天カード決済では、最低100円から気軽に積立投資を始められます。

ポイント投資と併用できる

楽天カード決済では、楽天スーパーポイントによるポイント投資と併用できます。

楽天証券で月1回500円以上のポイント投資をすると楽天市場でのお買い物が+1倍にポイントアップするSPU(スーパーポイントアップ)の対象となります。

SPUについて詳しくは公式サイトが参考になるので読んでみてください。

≫ 楽天市場

楽天カードクレジット決済の対象商品

楽天カードクレジット決済の対象は一般口座、特定口座、一般NISA、つみたてNISAにおける投信積立取扱銘柄です。

次のものは楽天カードクレジット決済の対象外です。

  • iDeCo
  • ジュニアNISA口座
  • 楽ラップ
  • 未成年口座
  • 法人口座

楽天カードクレジット決済の支払方法

楽天カードクレジット決済の支払方法は1回払いのみとなります。

分割払いやリボ払い、ボーナス払いはできません。

また、1回払いを「あとからリボ払い」へ変更することもできません。

楽天証券について

投信積立は投資信託を対象としていますが、楽天証券は約2,500種類もの投資信託を取り扱っています。

詳しくは公式サイトの情報が参考になるので読んでみてください。

≫ 楽天証券

楽天証券

コメント