貸株

証券

貸株とは、保有する株を証券会社に貸し出して、その貸し出し料を受け取るサービスです。貸株料は証券会社や銘柄により異なりますが、銀行の普通預金金利より高いのが一般的です。

貸株のメリット

貸株制度には、次のメリットがあります。

  • 貸株料を受け取れる。
  • 株を貸している間でも配当金や株主優待を受け取れる。

貸株金利を受け取れる

貸株を行うと、貸株金利(貸株料)を受け取れます。

貸株金利は銘柄によって異なりますが、年率0.1%以上が一般的です。中には1%の貸株料が付く銘柄もあります。

配当金や株主優待を受け取れる

株を貸すと名義が書き換えられますが、配当や株主優待の権利日だけ貸した株を返却するサービスがあります。これにより、配当金や株主優待を受け取ることができます。

貸株のデメリット

貸株制度には、次のデメリットがあります。

  • 資産が保全されない
  • 株主優待の長期保有特典が受けられない
  • 原則として確定申告が必要

資産が保全されない

株式を保有すると、証券保管振替機構(通称「ほふり」)により名義が書き換えられて、証券会社の資産と分別管理されます。株を貸すと名義が書き換えられるため、資産保全の対象外となってしまいます。

かつて山一證券が自主廃業したように、大手証券会社といえども安心できません。

株主優待の長期保有特典が受けられない

株主優待の中には長期保有者に対して特典を与えることがあります。貸株を行うと名義が書き換えられるため、株式保有の連続性が途切れて長期保有特典の対象外となります。

原則として確定申告が必要

特定口座(源泉徴収あり)で株式を売買して利益が出ても、確定申告は必要ありません。

ただし、特定口座(源泉徴収あり)の株であっても、貸株金利は雑所得となり、原則として確定申告が必要です。

ただし、年収2,000万円以下の会社員で、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告不要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
証券
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント