スマホで支払いができる新決済サービス「楽天ペイ」

QRコードキャッシュレス決済

楽天が新しい決済サービス「楽天ペイ」を始めました。飲食店などの店舗でスマホのアプリによる支払いができるようになります。スマホアプリはAndroidとiPhoneに対応しています。

楽天ポイントが貯まる

楽天ペイでの支払いには、楽天Edyでの支払額200円ごとに2ポイント(還元率1%)の楽天ポイントが貰えます。

2019年10月から楽天ペイ自体の楽天ポイント還元は廃止されました。

楽天ペイの使い方

支払いは、店に楽天ペイで支払うことを伝え、「QRペイ」か「セルフペイ」を選択して支払います。

QRペイ

QRペイとは、スマホアプリでQRコードを読み込むと表示される決済画面で決済を行う方法です。このとき、楽天ポイントを利用することもできます。

セルフペイ

セルフペイとは、スマホアプリから支払う店舗を選択して、支払金額を入力し、決済画面で決済を行う方法です。

決済のタイミング

楽天ペイは支払いと同時に即時決済されるか、後払いになります。事前にチャージ(入金)しておくプリペイド方式ではありません。

楽天ペイの決済タイミング
タイミング方法対応
前払い銀行×
クレジットカード×
コンビニ×
即時払い銀行×
デビットカード
楽天ポイント
後払いクレジットカード
コンビニ×
携帯電話料金×

楽天ペイに登録できるクレジットカード

楽天ペイの利用には、あらかじめクレジットカードの登録が必要です。

国際ブランドのVisaかMastercardのマークが付いたクレジットカードかデビットカードであれば、楽天ペイに登録できます。発行会社(楽天カードや三井住友カードなど)はどこでも構いません。

楽天カードであれば、JCBでも登録できます。

楽天ペイに登録できるクレジットカード
クレジットカード対応
Visa
マスターカード
JCB△(楽天カードのみ)
アメリカン・エキスプレス×
ダイナースクラブ×

楽天ペイでの決済には0.5%の楽天ポイントが貰えますが、さらにクレジットカードのポイントも貰えるので、ポイントの2重取りができます。

楽天ペイに登録できるデビットカード

Visaデビットカードに限り、楽天ペイに登録できます。

楽天ペイに登録できるデビットカード
デビットカード対応
Visa
マスターカード×
JCB×
アメリカン・エキスプレス×
ダイナースクラブ×

楽天ペイのメリット

クレジットカードのポイントやマイル、キャッシュバックがそのまま付くのに加えて、楽天ポイントが利用金額の0.5%貯まります。

あらかじめクレジットカードの登録が必要ですが、支払時にはクレジットカードは必要ありません。クレジットカードを持ち歩く必要がなく、紛失の心配がありません。また、店員にクレジットカードを渡す必要がなく、スキミングの心配もありません。

楽天ポイントを支払に充てることもできます。楽天Edyには移行できない「期間限定ポイント」も楽天ペイでは使えます。

楽天ペイのデメリット

クレジットカードの支払方法は翌月一括払いのみとなります。リボ払いや分割払い、ボーナス一括払いは利用できません。

クレジットカードの与信枠とは別の制限があり、1回の支払い上限金額は10万円になります。

楽天ペイが使える店

街中で楽天ペイが使える店は次のとおりです。

分野店舗
コンビニローソン
ファミリーマート
ポプラ
ミニストップ
ファッションスーツのAOKI
スーツのはるやま
ライトオン
マックハウス
飲食ピザーラ
白木屋
魚民
笑笑
山内農場
和民
はなの舞
眼鏡メガネスーパー
引越アート引越センター

ネットで楽天ペイが使えるサイトは次のとおりです。

楽天ペイの手数料

楽天ペイは、登録手数料や加入手数料はありません。また、年会費や決済手数料はかかりません。

完全に無料で使えます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャッシュレス決済
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント