スマホで支払いができる新決済サービス「楽天ペイ」

QRコード お金

楽天が新しい決済サービス「楽天ペイ」を始めました。飲食店などの店舗でスマホのアプリによる支払いができるようになります。スマホアプリはAndroidとiPhoneに対応しています。

ポイント付与

楽天ペイでの支払いには、支払額200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)の楽天スーパーポイントが貰えます。

クレジットカード

楽天ペイの利用には、あらかじめクレジットカードの登録が必要です。登録できるクレジットカードは楽天カードのほか、VISAやMasterのクレジットカードを利用できます。

楽天ペイでの決済には0.5%の楽天スーパーポイントが貰えますが、クレジットカードのポイントも2重取りできます。

支払いは、店に楽天ペイで支払うことを伝え、「QRペイ」か「セルフペイ」を選択して支払います。

QRペイ

QRペイとは、スマホアプリでQRコードを読み込むと表示される決済画面で決済を行う方法です。

このとき、楽天スーパーポイントを利用することもできます。

セルフペイ

セルフペイとは、スマホアプリから支払う店舗を選択して、支払金額を入力し、決済画面で決済を行う方法です。

楽天ペイのメリット

クレジットカードのポイントやマイル、キャッシュバックがそのまま付くのに加えて、楽天スーパーポイントが利用金額の0.5%貯まります。

あらかじめクレジットカードの登録が必要ですが、支払時にはクレジットカードは必要ありません。クレジットカードを持ち歩く必要がなく、紛失の心配がありません。また、店員にクレジットカードを渡す必要がなく、スキミングの心配もありません。

楽天スーパーポイントを支払に充てることもできます。楽天Edyには移行できない「期間限定ポイント」も楽天ペイでは使えます。

楽天ペイのデメリット

クレジットカードの支払方法は翌月一括払いのみとなります。リボ払いや分割払い、ボーナス一括払いは利用できません。

クレジットカードの与信枠とは別の制限があり、1回の支払い上限金額は10万円になります。

使える店

街中で楽天ペイが使える店は次のとおりです。

  • ローソン
  • スーツのAOKI
  • 和民

ネットで楽天ペイが使える店は次のとおりです。

関連記事

QRコードによるスマホ決済「PayPay」
ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay株式会社が、バーコードやQRコードを使ってお買いものの支払いができるスマホ決済「PayPay」のサービス提供を開始しました。 PayPayの使い方 AndroidやiPhoneのスマホでP...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント