みずほ銀行のみずほマイレージクラブはうれしい特典がいっぱい!

みずほ銀行

「みずほマイレージクラブ」は、みずほ銀行の会員制サービスで、取引状況に応じてATM時間外手数料無料など、さまざまな特典が受けられます。

費用

みずほマイレージクラブの入会金・年会費は無料です。

申込方法

みずほマイレージクラブはみずほ銀行の店頭で申し込みます。

みずほマイレージクラブの特典

みずほマイレージクラブに加入すると、さまざまな特典が受けられます。

ATM手数料無料

みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMについては回数無制限、コンビニATMについては月4回まで、ATM手数料やATM時間外手数料が無料になります。

振込手数料無料

みずほ銀行ATMまたはイオン銀行ATM、みずほダイレクト(インターネットバンキング)を利用した振込の手数料が無料になります。

NISA口座保有(口座開設月より2年間)または各種預金残高50万円以上の場合、月1回まで。

クレジットカードまたはデビットカードの年間利用額100万円以上、または資産運用商品がある場合、または借入残高500万円以上の場合、月4回まで。

2020年から条件と特典が改悪に

かんたんな条件で有利な特典が得られる「みずほマイレージクラブ」ですが、2020年3月1日から条件と特典が変わります。変更前と比べると条件が厳しくなり、特典も見劣りがするものに改悪されます。

2020年3月1日から、みずほマイレージクラブは次のステージに分かれます。

  • Bステージ
  • Aステージ
  • Sステージ

Bステージ

みずほマイレージクラブのBステージになるためには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 残高30万円以上
  • J.Scoreの利用

J.Scoreとは、みずほ銀行とソフトバンクが提供している個人信用情報サービスです。さまざまな個人情報を提供することによって、個人のスコアを判定して融資などに活用されます。

みずほマイレージクラブのBステージになると、次の特典を受けられます。

みずほマイレージクラブBステージの特典
項目特典
ATM手数料みずほ銀行・イオン銀行無料
イーネットATM月1回まで無料
みずほダイレクト
振込手数料
みずほ銀行本支店宛無料
他行宛有料

みずほマイレージクラブがBステージになると、コンビニに設置されているイーネットATMの手数料が月1回まで無料になります。

イーネットATM以外のコンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行)は、手数料無料になりません。

Aステージ

みずほマイレージクラブのAステージになるためには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • みずほマイレージカードを毎月利用
  • みずほJCBデビットを毎月利用
  • みずほWalletを毎月利用
  • J-Coin Payを毎月利用
  • オリコカードを毎月3千円以上利用
  • 投資信託を毎月1万円以上積立
  • 給与の受取
  • 学割の加入

みずほマイレージクラブのAステージになると、次の特典を受けられます。

みずほマイレージクラブAステージの特典
特典Aステージ
ATM手数料みずほ銀行・イオン銀行無料
イーネットATM月2回まで無料
みずほダイレクト
振込手数料
みずほ銀行本支店宛無料
他行宛有料

Sステージ

みずほマイレージクラブのSステージになるためには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • みずほマイレージクラブカードを年間100万円以上利用
  • 資産運用商品残高100万円以上
  • 借入残高あり

みずほマイレージクラブのSステージになると、次の特典を受けられます。

みずほマイレージクラブのステージと特典
特典Sステージ
ATM手数料みずほ銀行・イオン銀行無料
イーネットATM月3回まで無料
みずほダイレクト
振込手数料
みずほ銀行本支店宛無料
他行宛月3回まで無料

これまで資産運用商品があるだけで他行宛みずほダイレクト振込手数料が月4回まで無料になりました。たとえば、投資信託を1万円だけでも保有していればこの条件をクリアできました。2020年3月1日からは、この条件が厳しくなります。

資産運用商品

次の資産運用商品の残高が100万円以上あれば、みずほマイレージクラブがSステージになります。

資産運用商品は、みずほ銀行だけでなく、みずほ信託銀行・みずほ証券での取引も対象になります。ただし、別途手続きが必要になります。

Sステージ対象の資産運用商品
資産運用商品みずほ銀行みずほ信託銀行みずほ証券
投資信託(MMF・MRFなどを除く)
金銭信託
外貨預金(特約付き定期預金を含む)
公社債
株式
保険(平準払い保険を除く)× ×

保険は、みずほ信託銀行での販売分(除く平準払保険)のみが対象となります。

みずほ銀行の資産運用商品

みずほ銀行では、494本の投資信託を取り扱っています。(2020年2月時点)

みずほ銀行のおもな投資信託
分類投資信託
国内株式型たわらノーロード日経225
たわらノーロードTOPIX
海外株式型たわらノーロード先進国株式
たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>
たわらノーロード先進国株式NYダウ
たわらノーロード新興国株式
国内債券型たわらノーロード国内債券
海外債券型たわらノーロード先進国債券
たわらノーロード先進国債券<為替ヘッジあり>
たわらノーロード先進国債券
REIT型たわらノーロード国内リート
たわらノーロード先進国リート
たわらノーロード先進国リート<為替ヘッジあり>
バランス型たわらノーロードバランス(8資産均等型)
たわらノーロードバランス(堅実型)
たわらノーロードバランス(標準型)
たわらノーロードバランス(積極型)
たわらノーロード スマートグローバルバランス(保守型)
たわらノーロード スマートグローバルバランス(安定成長型)
たわらノーロード スマートグローバルバランス(成長型)
たわらノーロード スマートグローバルバランス(積極型)

みずほ銀行については、次の記事もご覧ください。

関連記事 みずほ銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)
関連記事 みずほ銀行の会員制サービス「みずほプレミアムクラブ」
関連記事 みずほ銀行「JコインPay」アプリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
銀行
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント