医療保険の必要性と選び方

保険 保険・年金

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガによる入院や手術などに備える保険です。

生命保険の特約としてつける場合と、医療保険として単独で契約する場合の2通りあります。

医療保険は、1日の入院について支払い日数の限度があります。また。通算しての支払日数の限度もあります。

再入院した場合

医療保険では、同じ病気を原因として再度入院した場合は、前回の入院と合わせて継続した1回の入院として扱われます。

ただし、前回の入院から180日を経過して再度入院した場合は、別の入院となります。

医療保険の販売会社

民間の保険会社が運営している私的保険は、次の3分野に分けられています。

分野保険
第1分野生命保険(終身保険、定期保険、養老保険、個人年金保険)
第2分野損害保険(火災保険自動車保険、自賠責保険)
第3分野医療保険、介護保険、傷害保険、がん保険、所得補償保険

生命保険会社は第2分野の損害保険を取り扱うことができません。また、損害保険会社は第1分野の生命保険を取り扱うことはできません。

医療保険は生命保険(第1分野)にも損害保険(第2分野)にも属さない第3分野の保険で、生命保険会社と損害保険会社の両方で取り扱っています。

高額療養費

医療保険の必要性を考えるうえで、知っておきたいのが高額療養費の自己負担限度額です。

保険治療を受ける場合、自己負担額には上限があります。

月間の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合、その超過額について請求をすれば、あとで返金を受けることができます。

同一月・同一医療機関の窓口における支払額は、自己負担限度額までになります。

70歳未満の自己負担限度額は次のとおりです。

所得区分自己負担限度額
標準報酬月額 83万円以上252,600円 +(医療費 - 842,000円)× 1%
標準報酬月額 53万円~79万円167,400円 +(医療費 - 558,000円)× 1%
標準報酬月額 28万円~50万円80,100円 +(医療費 - 267,000円)× 1%
標準報酬月額 26万円以下57,600円
住民税非課税世帯(低所得者)35,400円

多くの方が当てはまるでろう標準報酬月額が28万円~50万円の場合、月額の自己負担額はほぼ10万円を下回ります。

医療保険の選び方

医療保険は大きく分けて掛け捨て型と積立型の2種類があります。

それぞれには次のような特徴があります。

掛け捨て型積立型
保険料安い高い
商品数多い少ない
病気やケガをしなかった場合お金は受け取れない満期保険金等が受け取れる
保険の見直し損なく乗り換えられる中途解約すると損をする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
保険・年金
tsukaをフォローする
関連記事
資産運用のすゝめ

コメント